注目の的クリスティーナ・ブラウクル

ドイツのトップチームと提携しているルイス・パルハレス・ドイツチームから、ここ数年グラップリングと柔術を中心に大きな話題を呼んでいる女性がいます:ケンプテンのクリスティーナ・ブラウクルです。ドイツのどのIBJJFトーナメントをとっても、クリスティーナは確実にそこで戦い、おそらくほとんどの場合、表彰台に立っている(たいていトップで)。しかし、彼女はNAGAやADCCでも非常にアクティブで、成功を収めています。昨年はNAGAドイツのベルトを獲得しただけでなく、ADCCハンガリー・オープンでも金メダルを獲得し、ドイツから見たグラップリング界では常に力を発揮しています。

しかし、第一印象とは異なり、クリスティーナは「純粋な」グラップラーではなく、真のオールラウンダーである。BJJとLuta Livreと並行して、彼女は何年もアマチュアボクシングの練習と試合をしてきた。ケンプテン出身のパワーウーマンがシュートボクシングに出場することほど自然なことはないだろう。彼女は2年前にメッツィンゲンで行われたヨーロッパ選手権で初挑戦したが、決勝で非常に強いスイス人に敗れ、自分の実力を発揮することができなかった。その雪辱を晴らすべく(これも急遽)、今年もロイトリンゲンのヨーロッパ選手権に出場し、強豪フランス人選手と対戦した。タフな2ラウンドの後、彼女は巧みな戦術で試合を支配し、金メダルで長年の夢を叶え、今年の小田原での全日本シュート選手権への出場権を手に入れたのだ。

夫のダニエル・ブラウクレがマネージメントするプフロンテンとメミンゲンのチームと共に、またロイトリンゲンのジャーマントップチーム本部で何度もスパーリングやトレーニングセッションを行い、彼女は今までのキャリアで最大の仕事を控えている。しかし、チームメイトのユディス・ルイスとタンヤ・アンゲラーは、すでに日本でプロとして戦っており、ドイツのMMA界で最も強い女性の一人であるため、彼女はその経験と日常を頼りにしている。彼女によって、クリスティン・アンゲラー、タニヤ・アンゲラー、ユディット・ルイスに続くジャーマントップチームの女性が日本へ大きく飛躍することになりますね私たちは、クリスティーナの活躍に期待するとともに、彼女の目標を達成するために積極的にサポートしていきます。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る