全員集合クリスティン・アンゲラー

ドイツトップチームの強力な女性ファイター4人組は、ドイツの士道館の「ファーストレディ」によって完成される。クリスティン・"般若"・アンゲラー。31歳のアスリートは、10年間ドイツのトップチームでトレーニングを積み、2012年に東京で開催された権威ある全日本オープン選手権大会で優勝し、士道館空手での国際的な成功を収めたのです。それからは、すべてが計画通りに、時には映画のように進みました。全仏オープン優勝、全日本オープン優勝、ヨーロッパチャンピオン、世界チャンピオン...フルコンタクト空手界で活躍する野心家は、どこの国でも必ず表彰台の頂点に立ち、わずか数年で女子士道館で世界No.1の絶対的存在となった。他の格闘技への転向は、彼女が計画したわけではなく、多少なりとも急遽実現したものもある。例えば、ブレーメンの「No Compromises FC」でのプロMMAデビュー戦では、地元の英雄カタリーナ・アルビナスと24時間足らずで対戦し、なんと準備なしで勝利することに成功したのだ。2012年のヨーロッパアマチュアチャンピオンが、完璧なデビュー戦を選んだ。

クリスティンにとって、グラップリング(ADCC German Open Championess Intermediate 2017)やキックボクシングへの遠征は、実はフルコンタクト空手で試合の予定がないときに試合シーンで活躍するための手段に過ぎなかったのである。なぜなら、それが彼女の大きな愛と情熱であり、ここに彼女のルーツがあるのは明らかだからだ。しかし、2017年のDEEP「ジュエルス」でプロMMAの日本大会で世界ランキング1位のキング・レイナと対戦し、「違うこともできる」ことを改めて証明した。もっと長い期間、適切な準備をしていれば、もっとチャンスはあったはずなのに......」と、敗戦の事実は今も彼女を苦しめている。とはいえ、最近、彼女の周りは少し静かだが、この経験を後悔はしていない。しかし、世界中の女性たちと防具なしのフルコンタクトでリングで戦うのではなく、新たな挑戦をし、1年前からアンゲラー家の始祖の血を受け継ぎ、専業主婦として活躍しているのだ。それでも、彼女の拳はいつもむずむずしている。

現在は、少しずつトレーニングを再開し、今年中に戦いに復帰する予定だが、当面はプレッシャーや大きな期待を抱くことなく過ごすことにしている。そのコンセプトは、世界中でセンセーショナルな成功を収めている。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る