全日本士道館オープン2019

先週の日曜日、毎年恒例の全日本士道館オープン選手権大会が東京で39回目の開催を迎えました。ロイトリンゲンのドイツ・トップチームからの代表団もスタート地点にいました。

マイケル・"ルフィー"・エットレンは、チームにとって大きな不運に見舞われた選手である。キックボクシングの開幕戦の相手は、アメリカのプロ世界チャンピオン、エイドリアン・ウェザースビー。彼は体重が多いにもかかわらず、急遽ミドル級に組み込まれ、そこでロイトリンガーと対戦した。すでに1ラウンド、勇敢に戦っていたマイケルは、頭部への回し蹴りを受けてダウンし、カウントアウトとなり、あきらめざるを得ませんでした。しかし、彼はノックダウン・カラテの枠に残っており、チリのファイターと同クラスの決勝戦を戦うことになった。ミヒャエルは、ドイツに金メダルを持ち帰るために、やる気満々でこの試合に臨んだ。1ラウンドの開始早々、ミハエルはチリ人選手の頭を拳で軽く殴り、戒告を受けた。どうやらこれがこの試合の相手の「戦術」になったようで、チリ人はサッカー選手らしく、ローブローやヘッドショットの疑いで泣き言を言い続け(ミハエルはまったく動いていないのに)、その結果ドイツ人に減点がつき、ロイトリンガーは試合時間終了とともに敗れたのである。チリ人の恥ずべきパフォーマンスは、このようにして金メダルを獲得し、不満の残るマイケル・エットレンを2位に追いやったのである。

スヴェン・フォーテンバッハーは、このハイクラスな大会で士道館トライアスロンとキックボクシングに出場し、開幕戦でモンゴルのキックボクシングの相手に少し苦労しましたが、僅差でポイント勝利を確保し、準決勝に進出しました。しかし、第1ラウンドでベルギーの選手と対戦し、レバーフックでスヴェンをダウンさせ、すでに試合は終了していた。この結果、ロイトリンガーはこの種目で銅メダルに輝いた。士道館トライアスロンでは、準々決勝で日本人選手と対戦し、3ラウンドを明らかにコントロールし、3ラウンド(MMA)では大きな抵抗もなくギブアップ寸前まで追い込まれた。しかし、ジャッジは「ドロー」とし、延長戦では日本人がブルドックチョークでスヴェンを降参に追い込んだ。

ヘッドコーチのペーター・アンゲラーは、日本のヘビー級石川賢太郎と時間制限・ポイントなしのグラップリングでスーパーファイトを行う予定だった。試合開始直前になって、大会運営側がこの試合に10分の時間制限を設けることを決定したため、体重20kgを超える石川を消耗させ、服従させるために試合を長引かせようとしたピーターの戦術は台無しになった。しかし、テーブルの上にあるものと戦うのだから、ピーターは開始早々ハーフガードを取り、一貫してスイープを狙い、5分ほどでほぼ成功させた。それからは、日本人は石を投げつけ、体力と体重の利点をすべて使ってアンゲラーを抑え込んだ。しかし、ピーターも負けじとスイープを仕掛け、10分過ぎにドローが宣告された。

全日本空手道選手権大会は、世界各国から参加者が集まり、空手道の世界大会であること、その権威は世界大会以上であることを改めて示す大会となりました。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る