2024年全日本シュート選手権大会

毎年開催される全日本シュート選手権は、日本におけるMMAのハイライトであり、トップファイターの "育成の場 "とされてきた。表彰台の頂点に立った選手は、ISC(国際シュートコミッション)からプロ昇格が確実視され、ISCとのプロ契約も期待できる。 FC一本 は大喜びだ。世界最大のMMA団体は、長い間、新しい才能を発掘する場として日本のシュートトーナメントを見出してきた。

ドイツのパイオニアとしてのヘルトとブラウヒレ

マーカス・ヘルド

10月6日、小田原のアリーナは再びヒートアップする。ここ数年、ドイツ人選手もまた、この地でユニークな成功を収めている。マーカス・"ヒーロー"・ヘルドは外国人として初めて全日本シュート選手権で決勝に進出した。その結果、Heroは2019年に2人の伝説的なチャンピオンとプロのShootoで2試合を戦うことができた。すでにオクタゴンではRIZIN王者の斎藤、UFCのレジェンドでシュート王者のカオル・ウノと対戦しており、トップスターと絶対的な世界レベルで戦っている。

彼の成功の頂点に立つことができたのは、2019年に日本人以外の女子選手として初めてこの大会を制したクリスティーナ・ブラウクレだけだった。2019年のヨーロッパ王者は同年に小田原で戦い、おそらく世界で最も重要なアマチュアタイトルを獲得した。その印象的なファイトスタイルで、クリスティーナは日本でも数多くのファンを獲得し、この国の女性のために重要な先駆的な仕事をしてきた。

日本で活躍するドイツのシューターたち - Road to Japan 2024

長年にわたるJSA(日本シュート協会)との良好な協力関係とドイツ人選手の活躍により、今年もドイツ人選手の出場が決定した。先週、佐藤ルミナから問い合わせがあり、2024年の全日本シュート選手権に再びドイツ人選手が出場することが決定した。この形ならではの特権である。

しかし、国際大会でのドイツのシューターたちの活躍は、わが国の育成活動の努力を裏付けている。ヨーロッパ選手権のタイトルは何年もドイツが獲得している。例えば今年、シュート・ドイツは日本の小田原で開催される大会にナショナルチームを派遣する。2人のコーチ、グリゴリ・ウィニツキとラファエル・プラトニツキとともに、私は7月までにチーム・ドイツを結成し、誰がドイツの国旗を代表して日本に来るかを発表する。

だから、もしあなたが日本への参戦を考えているなら、今年はシュート・ドイツ主催のアマチュアトーナメントでアクセルを踏み込むべきだ:

Shooto Rookies XIV

ルーキー 14

Shooto Rookies XV

Shooto Contenders XXXIV

 

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る