アモエフがメイズに勝利したラウンド1

アモエヴ・メイズ

アモエフvsメイズが松濤のメインイベントに登場

Shooto Germany 先週の土曜日、ドイツ全土から集まったチームとファイターが、シーズン開幕を盛り上げました。観客とファンは、真新しい会場の中で30以上の試合を楽しみました。 ドイツトップチームパフォーマンスセンター のヘレンベルクにある。 ジム24 ライフスタイル をご覧ください。

ルーキーの活躍が光る

Dクラスの試合を見ていると、シュートーのアマチュアのレベルが常に上がっていることがよく分かる。ルーキーやコンテンダーは、新しい世代がMMAの足がかりとなり、初めての経験をするのに適した方法であることは間違いありません。試合の結果は、Smoothcomp Federationのプラットフォームの結果ページで見ることができます: 結果 Shooto Rookies XI in D-Class。.

特別トロフィーは、以下の通りです:

  • ベストテクニシャン:コンスタンチン・ヘンケル(リビング柔術)
  • ベストフィニッシュ:ダンテ・メルコレラ(ハマースチーム・ニュルンベルク)
  • サムライスピリッツ:ディマ・コンドラートフ(サムライファイトチーム・ライプツィヒ)

スーパーファイト シュートー グラップリング ゼラー vs ヘルマン

メインイベントのウォームアップとして、急遽Shooto Germanyが企画したサブ・オンリーグラップリングのドリームマッチが行われた。ドイツ61.2kg級王者ビョルン・ハーマン(Samurai Fight Team Leipzig)とADCCベテランのルネ・ゼラー(German Top Team HQ)が対戦した。 ペーター・アンゲラーのもとで紫帯を巻くゼラーは、この試合で「駆け引きはしない」「早く勝ちたい」と明言した。わずか1分32秒後、彼は勝利のニーバーをかけ、ハーマンにギブアップを強いる。

アモエフがメイズに1ラウンドでTKO勝ち

ライプツィヒ出身のヨシフ・アモエフ(Samurai Fight Team Leipzig)は、B級初戦の2試合で、「1ラウンドで拳で試合を終わらせるのが好き」という明確なメッセージを発した。残念ながら、マシュー・メイズ(ケナン・アカデミー・ヴュルツブルク)もこれを実感することになった。Shooto European Championships 2022の銅メダリストは、ライプツィヒの強豪グルジア人を相手にBクラスでデビューし、苦い代償を払うことになったのである。

メイズがしっかりとコントロールし、幸先の良いスタートを切った後、ライプツィヒの男が強烈な右ローを放ち、メイズはすぐにボードに倒れ込んだ。ライプツィヒの男は、すぐに追いかけ、グラウンド&パウンドを繰り出し、メイズは防御することができなかった。レフェリーのPeter Angererは1ラウンドわずか0分50秒で試合を止め、TKOでJosif Amoevの勝利を宣言した。

3戦目にして3度目のKO勝利を収めたライプツィガーは、ゆっくりと、しかし確実にドイツの大きなレーベルのレーダーに登場するはずです。いずれにせよ、彼はすでに2023年6月24日にヘレンベルクで開催される「SHOOTO KINGS X: Yamatodamashii」での次戦に向けた交渉に入っている。

 

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る