アンゲラーとヘルドが東京で対戦

来週末の日曜日、日本でドイツ・シュートボクシングの歴史がまた一つ刻まれることになった。Shootoの30周年を記念したアニバーサリーツアーで、初めてドイツ人選手がメインイベントに登場し、空位のタイトルをかけてドイツ人選手が戦うのだ。

 

タニヤ・アンゲラーは、女子8人制大会のスーパーアトム級-50kgに出場し、初戦で日本の強豪と対戦する。黒部美菜(13-5-0)は日本の女子MMAの最高峰「ジュエルス」のチャンピオンで、ヴィルショーフェンのアンゲラーにとって初戦で最も手強い相手であり、まさにGTTの野心家の好みにぴったりの選手である。アンゲラーはすでにジュエルスのリングに2度上がっており、日本ではもはや無名の存在ではなく、昨年5月の「SHOOTO KINGS」での勝利によりシュートでのプロファイトを推奨し、黒部とともにこの出場選手の中で有力視されている選手である。

ロイトリンゲンのマルクス・ヘルドは、ドイツのプロフェッショナル・シュートー・フェザー級チャンピオンに君臨しているが、さらに厳しい状況に追い込まれている。このイベントのメインイベントで彼は日本のMMAレジェンド、宇野薫(33-20-5)と対戦することになった。しかし、今年1月に現役世界王者の斎藤に敗れたヘルドが望んでいたのは、まさにこの相手であった。ヘルドは宇野との対戦で世界のトップ10に食い込むことができると確信しており、ドイツに勝利をもたらすために全力を尽くすだろう。

2019年は今のところ、ドイツのShootoにとって大成功の年となっている。今年のヨーロッパ選手権でのアマチュアの活躍や、先月の全日本シュート選手権小田原大会でのクリスティーナ・ブラウクレの優勝により、ますます多くのドイツ人シューターが日出ずる国に集まってきています。

2週間後には、興味のあるファイターが再び出場できるようになります。 松尾「ルーキーズ その結果、今後開催される地域、国、ヨーロッパ選手権への出場権を獲得することができました。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る