個人情報保護方針

はじめに

以下のデータ保護宣言により、当社が処理するお客様の個人データ(以下、「データ」ともいう)の種類、目的、程度についてお知らせします。このデータ保護宣言は、当社のサービスの提供、特に当社のウェブサイト、モバイル、およびソーシャルメディアプロファイルなどの外部オンラインプレゼンス(以下、総称して「オンラインオファー」といいます)において、当社が実施する個人データのすべての処理に適用されます。

使用される用語は、性別に関係ありません。

ステータス: 19.12...2021

目次

責任者

ドイツトップチーム
Industrieweg 7a
72766 ロイトリンゲン
ドイツ

正規代理店です。 ピーター・アンゲラー(オーナー/CEO)

電子メールアドレス angerer@german-top-team.com

インプリント https://kakutogi.eu/impressum/

データ保護責任者への連絡

angerer@german-top-team.com

処理の概要

以下の概要は、処理されるデータの種類とその処理目的をまとめたものであり、データ主体について言及したものです。

注:以下の詳細には、処理される代表的なデータとデータ主体のカテゴリーが含まれます(これら自体、および括弧内の説明は、明確化のためのものであり、適応または削除される場合があります)。

処理されるデータの種類

  • インベントリデータ(名前、住所など)。
  • コンテンツデータ(オンラインフォームの入力など)。
  • 連絡先(e-mail、電話番号など)。
  • メタデータ/通信データ(例:デバイス情報、IPアドレス)。
  • 利用状況データ(訪問したウェブサイト、コンテンツへの興味、アクセス時間など)。
  • 位置情報(機器や人の地理的な位置に関する情報)。
  • 契約データ(契約の対象、期間、顧客区分など)。
  • 支払いデータ(例:銀行の詳細情報、請求書、支払い履歴)。

関係者の区分

  • ビジネスおよび契約上のパートナー。
  • 利害関係者
  • コミュニケーションパートナー。
  • お客さま
  • ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービス利用者)。

処理の目的

  • 信用度、信用度の評価。
  • 当社のオンライン・オファーおよびユーザーの利便性の提供。
  • 訪問行動評価。
  • 事務・組織上の手続き
  • クロスデバイストラッキング(マーケティング目的でデバイス間でユーザーデータを処理すること)。
  • ダイレクトマーケティング(例:電子メールや郵便など)。
  • インタレスト・ベース・マーケティングとビヘイビア・マーケティング。
  • 連絡のお願いと連絡
  • コンバージョン測定(マーケティング施策の効果測定)。
  • プロファイリング(ユーザープロファイルの作成)。
  • リマーケティング
  • リーチ計測(アクセス統計、リピーターの認知など)。
  • 安全対策
  • トラッキング(例:興味・行動プロファイリング、Cookieの使用)。
  • 契約上のサービスおよび顧客サービスの提供
  • お問い合わせの管理・対応
  • ターゲットグループ形成(マーケティングやコンテンツのアウトプットに関連するターゲットグループを決定すること)。

個別のケースにおける自動化された決定

  • 信用調査(クレジットチェックに基づく判断)。

関連する法的根拠

以下では、当社が個人情報を処理する際に根拠とするデータ保護規則(DSGVO)の法的根拠についてお知らせします。GDPRの規定に加えて、お客様または当社の居住国および住所国における国内データ保護規定が適用される場合がありますので、ご注意ください。個々のケースにおいて、より具体的な法的根拠が必要とされる場合には、データ保護宣言の中でお知らせします。

  • 同意(DSGVO第6条第1項第1号a)- データ対象者が、特定の目的のために自分に関する個人データを処理することに同意している場合。
  • 契約の履行および契約前の問い合わせ(DSGVO第6条1項1号b.)- データ対象者が当事者となっている契約の履行、またはデータ対象者の要請により実施される契約前の措置の実施のために必要な処理であること。
  • 法的義務(6条1項1号c.DSGVO)。- 管理者が従うべき法的義務を遵守するために処理が必要である場合。
  • 正当な利益(6条1項1号f.DSGVO)- 管理者または第三者の正当な利益のために処理が必要な場合。ただし、かかる利益が、個人情報の保護を必要とするデータ主体の利益または基本的権利および自由によって打ち消される場合は、この限りではありません。

セキュリティ対策

私たちは、技術水準、導入コスト、処理の性質、範囲、状況、目的、また発生確率の違いや自然人の権利と自由に対する脅威の程度を考慮し、法的要件に従ってリスクに見合った保護水準を確保するための適切な技術的・組織的措置を取ります。

この対策には、特に、データへの物理的・電子的アクセス、データへのアクセス、入力、開示、可用性の保証、分離を制御することにより、データの機密性、完全性、可用性を確保することが含まれます。また、データ主体の権利の行使、データの削除、データ侵害への対応を確実にするための手続きも整備しています。さらに、データ保護の原則に従ってハードウェア、ソフトウェア、手続きを開発または選択する際に、技術設計を通じて、またデータ保護に配慮した初期設定を通じて、すでに個人データの保護に配慮しています。

SSL暗号化(https)当社のオンライン・オファーで送信されるお客様のデータを保護するために、当社はSSL暗号を使用しています。このような暗号化された接続は、ブラウザのアドレスラインにhttps:// という接頭辞があることで認識できます。

個人データの移転と開示

当社の個人データ処理の過程で、データが他の団体、企業、法的に独立した組織単位または個人に転送され、またはそれらの人々に開示されることがあります。このデータの受領者には、例えば、決済取引における決済機関、IT業務を委託されたサービスプロバイダー、ウェブサイトに統合されたサービスやコンテンツのプロバイダーなどが含まれます。このような場合、当社は法的要件を遵守し、特に、お客様のデータの受領者とお客様のデータを保護するための対応する契約または協定を締結しています。

第三国でのデータ処理

当社が第三国(欧州連合(EU)、欧州経済地域(EEA)外)でデータを処理する場合、または処理が第三者サービスの利用や他の人物、団体、企業へのデータの開示または転送の文脈で行われる場合、これは法的要件に従ってのみ実施されるものです。

明示的な同意または契約上もしくは法律上必要な移転に基づき、当社はデータ保護のレベルが認められ、いわゆるEU委員会の標準保護条項による契約上の義務があり、証明書または拘束力のある内部データ保護規則(EU委員会の情報ページ、第44条から49条DSGVO)が存在する第三国でのみデータを処理または処理させています。https://ec.europa.eu/info/law/law-topic/data-protection/international-dimension-data-protection_de).

クッキーの使用について

クッキーとは、訪問したウェブサイトやドメインのデータを含むテキストファイルで、ブラウザがユーザーのコンピュータに保存するものです。クッキーは、主にオンラインサービス内で、訪問中または訪問後のユーザーに関する情報を保存するために使用されます。保存される情報には、例えば、ウェブサイトの言語設定、ログイン状態、ショッピングカート、ビデオの視聴場所などがあります。また、クッキーという用語には、クッキーと同じ機能を果たすその他の技術も含まれます(例えば、「ユーザーID」とも呼ばれる仮名オンライン識別子を使ってユーザーの詳細が保存される場合など)。

クッキーの種類と機能は次のように区別されます。

  • 一時的なクッキー(セッションクッキーともいう)。一時的なクッキーは、ユーザーがオンライン・オファーから離れ、ブラウザを閉じた後、遅くとも削除されます。
  • 永久保存版クッキー。パーマネントクッキーは、ブラウザを閉じた後でも保存されます。例えば、ログイン状態を保存したり、ユーザーがWebサイトに再度アクセスしたときに好みのコンテンツを直接表示させたりすることができます。同様に、到達度測定やマーケティング目的で使用されるユーザーの興味も、このようなクッキーに保存することができます。
  • ファーストパーティークッキーファーストパーティークッキーは、弊社が設定します。
  • サードパーティークッキー(別名:サードパーティークッキー): サードパーティークッキーは、主に広告主(いわゆる第三者)が利用者の情報を処理するために使用します。
  • 必要な(不可欠な、または絶対必要な)クッキー。一方、クッキーはウェブサイトの運営に絶対必要なものです(例:ログインやその他のユーザー入力を保存するため、またはセキュリティ上の理由)。
  • 統計、マーケティング、パーソナライゼーション用Cookieまた、クッキーは通常、範囲測定の範囲内で使用され、個々のウェブサイトにおけるユーザーの興味や行動(特定のコンテンツの閲覧、機能の使用など)をユーザープロファイルとして保存する場合にも使用されます。このようなプロフィールは、例えば、ユーザーの潜在的な興味にマッチしたコンテンツを表示するために使用されます。この手順は、「トラッキング」とも呼ばれ、ユーザーの潜在的な関心を追うことです。.当社がクッキーまたは「トラッキング」技術を使用する限り、当社は、当社のデータ保護宣言または同意取得の文脈で、別途お客様に通知します。

法的根拠に関する注記。当社がクッキーを使用してお客様の個人データを処理する際の法的根拠は、当社がお客様に同意を求めるか否かによって異なります。この場合、お客様がクッキーの使用に同意された場合、お客様のデータ処理の法的根拠は、お客様の宣言された同意となります。それ以外の場合、Cookieを使用して処理されたデータは、当社の正当な利益(当社のオンライン提供の事業運営やその改善など)、または当社の契約上の義務を履行するためにCookieの使用が必要な場合に基づき処理されます。

保存期間当社がパーマネント・クッキーの保存期間に関する明示的な情報をお客様に提供しない場合(いわゆるクッキーのオプトインの文脈でなど)、保存期間は最長で2年になるものとお考えください。

取り消しや異議申し立て(オプトアウト)に関する一般的な情報。処理が同意または法的許可のいずれに基づいているかに応じて、お客様はいつでも、与えられた同意を取り消すか、またはクッキー技術によるお客様のデータの処理に異議を唱える(以下、総称して「オプトアウト」といいます)オプションを有しています。お客様は、ブラウザの設定により、クッキーの使用を無効にするなどして、最初に異議を申し立てることができます(これにより、当社のオンライン提供の機能が制限される場合もあります)。オンライン・マーケティング目的でのクッキーの使用に対する異議申し立ては、様々なサービス、特にトラッキングの場合、ウェブページを通じて行うことも可能です。https://optout.aboutads.infohttps://www.youronlinechoices.com/が宣言される。さらに、お客様は、サービスプロバイダーおよび使用されるクッキーに関する情報の範囲内で、異議を唱える方法について詳しい説明を受けることができます。

同意に基づくCookieデータの処理クッキーの使用範囲内でデータを処理する、または処理させる前に、当社はユーザーにいつでも取り消すことができる同意を求めます。同意が得られる前に、クッキーは当社のオンライン提供の運営に絶対必要な場合にのみ使用されます。

Cookieの設定/異議申し立てオプション。

  • 処理されるデータの種類。利用状況データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの興味、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレスなど)。
  • 関係者ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービス利用者)。
  • 法的根拠同意(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. a. DSGVO)、正当な利益(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. f. DSGVO)。

商業・業務用サービス

当社は、契約上および同等の法的関係ならびに関連する措置、および契約上のパートナー(または契約前のパートナー)とのコミュニケーション(問い合わせへの回答など)の文脈において、当社の契約上およびビジネス上のパートナー、例えば顧客や利害関係者(総称して「契約上のパートナー」)のデータを処理します。

当社は、契約上の義務を果たすため、当社の権利を確保するため、またこの情報に関連する管理業務および起業家組織の目的のために、このデータを処理します。当社は、前述の目的または法的義務の履行に必要な範囲において、あるいはデータ対象者の同意を得て、適用法の範囲内で契約パートナーのデータを第三者にのみ開示します(例:参加する電気通信、輸送、その他の補助サービスおよび下請業者、銀行、税務・法務アドバイザー、支払サービス業者、税務当局など)。契約パートナーは、このデータ保護宣言の枠組み内で、マーケティング目的など、さらなる処理形態について知らされます。

当社は、オンラインフォーム、特別なラベル(例:色)または記号(例:アスタリスクまたは類似のもの)により、あるいは直接、データ収集の前または途中で、上記の目的のために必要なデータを契約上のパートナーに通知します。

当社は、法定保証義務および同等の義務の終了後、すなわち原則4年経過後にデータを削除します。ただし、データがお客様のアカウントに保存されている場合は、法的なアーカイブの理由(例:税務上の理由、通常は10年)で保持しなければならない期間とします。当社は、注文の範囲内で契約相手から当社に開示されたデータを、注文の仕様に従って、原則として注文の終了後に削除します。

当社がサービスを提供するために第三者のプロバイダーやプラットフォームを利用する場合、ユーザーとプロバイダーの関係においては、それぞれの第三者プロバイダーやプラットフォームの利用規約やデータ保護通知が適用されます。

お客様アカウント契約上のパートナーは、当社のオンライン・オファー内でアカウント(例:顧客またはユーザーアカウント、略して「顧客アカウント」)を作成することができます。顧客アカウントの登録が必要な場合、契約パートナーにはその旨と、登録に必要な詳細が通知されます。お客様のアカウントは公開されず、検索エンジンのインデックスに登録されることはありません。当社は、お客様アカウントの登録およびその後のログインと使用の範囲内で、登録の証明とお客様アカウントの不正使用を防止するために、お客様のIPアドレスとアクセス時間を保存しています。

お客様がカスタマー・アカウントを解約された場合、法的な理由で保存が必要な場合を除き、カスタマー・アカウントに関連するデータは削除されます。アカウント解約時のデータのバックアップは、お客様の責任で行ってください。

経済分析、市場調査ビジネス上の理由および市場動向、契約パートナーやユーザーの要望を認識できるようにするため、当社は、取引、契約、問い合わせ等に関するデータを分析します。

分析は、事業評価、マーケティング、市場調査(異なる特性を持つ顧客グループの決定など)の目的で実施されます。利用可能な場合、当社は登録ユーザーのプロファイルとその詳細(例:利用されているサービス)を考慮することがあります。分析結果は、要約された、つまり匿名化された値による匿名の分析でない限り、私たちだけに役立つものであり、外部に公開されることはありません。さらに、ユーザーのプライバシーに配慮し、分析目的のデータはできるだけ仮名で、可能な場合は匿名(要約されたデータなど)で処理します。

ショップ&Eコマース当社は、お客様が選択された製品、商品および関連サービスの選択、購入または注文、ならびにその支払および配送または実行を可能にするために、お客様のデータを処理します。注文の実行に必要な場合、当社はサービスプロバイダー、特に郵便、転送、配送会社を利用して、お客様に配送または実行を行います。決済処理のために、当社は銀行や決済サービス会社のサービスを利用しています。必要な情報は、注文または同等の購入プロセスにおいてそのように表示され、配送または提供、請求に必要な情報、および必要に応じてお客様と相談できるようにするための連絡先情報が含まれます。

  • 処理されるデータの種類。在庫データ(例:氏名、住所)、支払データ(例:銀行口座情報、請求書、支払履歴)、連絡先データ(例:電子メール、電話番号)、契約データ(例:契約内容、期間、顧客区分)、利用データ(例:訪問ウェブサイト、コンテンツへの関心、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)。
  • 関係者利害関係者、ビジネスおよび契約上のパートナー、顧客。
  • 処理の目的契約上のサービスおよび顧客サービスの提供、連絡要求および連絡、事務および組織上の手続き、管理および要求への対応、セキュリティ対策、訪問行動評価、興味に基づくおよび行動的マーケティング、プロファイリング(ユーザープロフィールの作成)。
  • 法的根拠契約履行および契約前の問い合わせ(第6条第1項第1号b. DSGVO)、法的義務(第6条第1項第1号c. DSGVO)、正当な利益(第6条第1項第1号f. DSGVO)。

決済サービス事業者

契約上およびその他の法的関係の枠内で、法的義務により、または当社の正当な利益に基づいて、当社はデータ対象者に効率的で安全な支払いオプションを提供し、この目的のために銀行や信用機関に加え、その他の支払いサービスプロバイダー(総称して「支払いサービスプロバイダー」)を使用します。

決済サービスプロバイダーが処理するデータには、氏名や住所などの在庫データ、口座番号やクレジットカード番号などの銀行データ、パスワード、TAN、チェックサムのほか、契約、金額、受取人関連の詳細が含まれます。お取引の実行に必要な内容です。ただし、入力されたデータは、決済サービスプロバイダーによってのみ処理され、それらのプロバイダーに保存されます。つまり、口座やクレジットカードに関連する情報は受け取らず、支払いの確認や否定情報を含む情報のみを受け取ります。状況によっては、決済サービスプロバイダーが信用機関にデータを送信することがあります。この送信の目的は、本人確認と信用調査です。決済サービス提供会社の一般取引条件および個人情報保護情報をご参照ください。

決済取引には、各決済サービス事業者の利用規約およびデータ保護通知が適用され、各ウェブサイトまたは取引アプリケーション内でアクセスすることができます。また、詳細な情報や、取り消し、情報、その他のデータ主体の権利の主張については、これらを参照する。

  • 処理されるデータの種類。在庫データ(例:氏名、住所)、支払データ(例:銀行口座情報、請求書、支払履歴)、契約データ(例:契約内容、期間、顧客区分)、利用データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの関心、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)。
  • 関係者お客様、関係者の皆様。
  • 処理の目的契約上のサービスおよび顧客サービスの提供
  • 法的根拠契約の履行および契約前の問い合わせ(第6条第1項第1号b. DSGVO)、正当な利益(第6条第1項第1号f. DSGVO)。

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

オンライン提供およびウェブホスティングの提供

当社のオンラインサービスを安全かつ効率的に提供するため、当社は1社以上のウェブホスティングプロバイダーのサービスを利用しており、そのサーバー(またはそのサーバーが管理するサーバー)からオンラインサービスにアクセスすることが可能です。これらの目的のために、当社は、インフラストラクチャーおよびプラットフォームサービス、コンピューティング能力、ストレージスペースおよびデータベースサービス、ならびにセキュリティサービスおよび技術保守サービスを利用することがあります。

ホスティングオファーの提供の一環として処理されるデータには、当社のオンラインオファーの利用および通信の一部として生成される、利用者に関連するすべての情報が含まれる場合があります。これには、オンラインオファーのコンテンツをブラウザに配信するために必要なIPアドレス、および当社のオンラインオファー内またはウェブサイトから行われたすべての入力が定期的に含まれます。

メール配信・ホスティングまた、当社が利用するウェブホスティングサービスには、電子メールの送受信および保存が含まれます。この目的のために、受信者及び送信者のアドレス、電子メール送信に関する詳細情報(例:関係プロバイダー)及び各電子メールの内容が処理されます。また、SPAMを認識する目的で、前述のデータを処理することがあります。なお、インターネット上の電子メールは、一般的に暗号化されて送信されることはありません。原則として、電子メールは転送中に暗号化されますが、(いわゆるエンドツーエンドの暗号化手順を使用しない限り)送受信されるサーバー上では暗号化されません。したがって、当社は、送信者と当社サーバーでの受信者の間の電子メールの伝送経路について、いかなる責任も負いません。

アクセスデータおよびログファイルの収集私たち自身(またはウェブホスティングプロバイダー)は、サーバーへのすべてのアクセスに関するデータ(いわゆるサーバーログファイル)を収集します。サーバーのログファイルには、アクセスしたウェブページやファイルのアドレス、名前、アクセス日時、データ転送量、アクセス成功の通知、ブラウザの種類とバージョン、ユーザーのOS、参照元URL(前に訪れたページ)、原則としてIPアドレスとリクエスト元のプロバイダが含まれる場合があります。

サーバーログファイルは、一方ではサーバーの過負荷を避けるため(特に悪用される攻撃、いわゆるDDoS攻撃の場合)、他方ではサーバーの利用状況や安定性を確保するため、セキュリティ目的で使用することができます。

  • 処理されるデータの種類。コンテンツデータ(オンラインフォームの入力など)、利用データ(訪問したウェブサイト、コンテンツへの関心、アクセス時間など)、メタ/コミュニケーションデータ(デバイス情報、IPアドレスなど)。
  • 関係者ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービス利用者)。
  • 法的根拠正当な利益(Art. 6 para. 1 p. 1 lit.)

お問い合わせ先

当社へのお問い合わせ(お問い合わせフォーム、電子メール、電話、ソーシャルメディアなど)において、お問い合わせ者の情報は、お問い合わせの内容や要求された措置に回答するために必要な範囲内で処理されます。

契約上または契約前の関係における連絡要求への対応は、当社の契約上の義務を果たすため、または(契約前の)要求に対応するため、その他要求に対応するための正当な利益に基づいて行われるものです。

  • 処理されるデータの種類。インベントリデータ(例:氏名、住所)、コンタクトデータ(例:電子メール、電話番号)、コンテンツデータ(例:オンラインフォームへの入力)、使用データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの関心、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)。
  • 関係者コミュニケーションパートナー、利害関係者
  • 処理の目的連絡依頼・連絡、依頼内容の管理・対応。
  • 法的根拠契約の履行および契約前の問い合わせ(第6条第1項第1号b. DSGVO)、正当な利益(第6条第1項第1号f. DSGVO)。

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

注:サードパーティ製のCRMシステムを使用する場合は、そのプロバイダの名前を記載する必要があります。この情報を調整するか、指定されたサービスプロバイダを削除してください。さらに、プロバイダとの間で注文処理契約(または「データ処理契約」)を締結する必要があります。プロバイダがユーザーのデータを第三国で処理する場合、特別な保証が必要です(例:標準的な契約条項)。

ニュースレター、電子公告

当社は、ニュースレター、電子メール、その他の電子的な通知(以下、「ニュースレター」といいます)を、受信者の同意または法的な許可を得た場合にのみ送信します。ニュースレターの内容が登録の範囲内で具体的に記載されている限り、利用者の同意は決定的なものとなります。それ以外の場合、ニュースレターには当社のサービスや当社に関する情報が含まれています。

ニュースレターの購読を希望される場合は、通常、お客様の電子メールアドレスをご提供いただくだけで結構です。ただし、ニュースレターに掲載する個人アドレスの目的のためにお名前をお伺いする場合や、ニュースレターの目的のために必要な場合は、さらに詳しい情報をお伺いする場合があります。

ダブルオプトイン手続き。当社のニュースレターへの登録は、常にいわゆるダブルオプトインのプロセスで行われます。つまり、登録後、登録の確認を求めるメールが届きます。この確認は、他人のメールアドレスで登録されることがないようにするために必要です。ニュースレターへの登録は、法的要件に従って登録プロセスを証明できるようにするために記録されます。これには、登録時間、確認時間、IPアドレスの保存が含まれます。派遣元事業者に保存されているお客様のデータの変更も記録されます。

消去および処理の制限当社は、以前与えられた同意を証明することができるように、配信停止された電子メールアドレスを削除する前に、当社の正当な利益に基づいて、最長3年間保存することがあります。このデータの処理は、クレームに対する可能な限りの防御を目的としたものに限定されます。個別の削除要請は、かつての同意の存在を同時に確認することを条件として、いつでも可能です。異議申し立てを永久に遵守する義務がある場合、当社は、この目的だけのためにメールアドレスをブラックリストに保存する権利を留保します。

登録プロセスのログは、それが適切に実施されたことを証明する目的で、当社の正当な利益に基づいて実施されます。当社がサービスプロバイダーに電子メールの送信を委託する場合、効率的で安全な送信システムに関する当社の正当な利益に基づいて行われます。

法的根拠に関する注記。ニュースレターは、受信者の同意に基づいて、または同意が必要でない場合は、ダイレクトマーケティングにおける当社の正当な利益に基づいて、例えば既存顧客の広告の場合など、法律で認められている限りにおいて、送信されます。当社がサービスプロバイダーに電子メールの送信を委託する場合、これは当社の正当な利益に基づいて行われます。登録作業は、法律に従って実施されたことを証明するために、当社の正当な利益に基づいて記録されます。

内容当社、当社のサービス、プロモーション、オファーに関する情報。

分析・性能測定ニュースレターには、いわゆる「ウェブビーコン」、すなわち、ニュースレターを開いたときに当社のサーバーから、または当社が派遣サービス会社を利用している場合にはそのサーバーから取得されるピクセルサイズのファイルが含まれています。この検索の範囲内では、まず、ブラウザやお使いのシステムに関する情報、IPアドレス、検索時間などの技術的な情報が収集されます。

これらの情報は、技術的データに基づくニュースレターの技術的改善、または検索場所(IPアドレスにより特定可能)またはアクセス時間に基づくターゲットグループとその読書行動のために使用されます。この分析には、ニュースレターが開封されたかどうか、いつ開封されたか、どのリンクがクリックされたかを判断することも含まれます。技術的な理由により、この情報は個々のニュースレター受信者に割り当てることができます。ただし、ユーザー個人を観察することは、当社および派遣元事業者の意図するところではありません。むしろ、当社は、ユーザーの読書習慣を特定し、当社のコンテンツをユーザーに適合させるため、またはユーザーの関心に従って異なるコンテンツを送信するために、分析を使用します。

ニュースレターの評価および成功の測定は、ユーザーの明示的な同意のもとに、当社の事業利益にかなう、ユーザーフレンドリーで安全なニュースレターシステムを使用し、ユーザーの期待に応えるという目的のために、当社の正当な利益に基づいて実施されます。

パフォーマンス測定を個別に取り消すことは残念ながらできません。この場合、ニュースレターの購読全体を取り消すか、または矛盾することをしなければなりません。

  • 処理されるデータの種類。インベントリデータ(例:名前、住所)、コンタクトデータ(例:電子メール、電話番号)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)、使用データ(例:訪れたウェブサイト、コンテンツへの興味、アクセス時間など)。
  • 関係者コミュニケーションパートナー。
  • 処理の目的ダイレクトマーケティング(例:電子メールや郵便など)。
  • 法的根拠同意(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. a. DSGVO)、正当な利益(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. f. DSGVO)。
  • 異議申し立て(オプトアウト)の可能性。お客様は、いつでもニュースレターの受信を中止することができます。すなわち、お客様の同意を取り消し、またはさらなる受信を拒否することができます。ニュースレターを解除するためのリンクは、各ニュースレターの最後に記載されています。または、上記の連絡先(できれば電子メール)のいずれかを使用して、この目的に使用することができます。

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

  • メールチンプメールマーケティングプラットフォーム;サービス提供者:「Mailchimp」 - Rocket Science Group, LLC, 675 Ponce De Leon Ave NE #5000, Atlanta, GA 30308, USA;ウェブサイト。https://mailchimp.comプライバシーポリシーhttps://mailchimp.com/legal/privacy/.

ウェブ解析、モニタリング、最適化

ウェブ解析(「リーチ測定」とも呼ばれます)は、当社のオンライン提供物への訪問者の流れを評価するために用いられ、訪問者の行動、興味または年齢や性別などの人口統計学的情報を仮名値として含めることがあります。リーチ分析により、例えば、当社のオンライン・オファーやその機能・コンテンツが最も頻繁に利用される時間帯や、再利用を促す時間帯を認識することができます。同様に、どの部分に最適化が必要かを把握することができます。

ウェブ分析に加えて、当社は、例えば、当社のオンライン・オファーまたはそのコンポーネントの異なるバージョンをテストし、最適化するために、テスト手順を使用することがあります。

これらの目的のために、いわゆるユーザープロファイルが作成され、ファイル(いわゆる「クッキー」)に保存されたり、同様の目的で類似の手順が使用されたりすることがあります。この情報には、例えば、閲覧したコンテンツ、訪問したウェブサイトおよびそこで使用した要素、使用したブラウザ、使用したコンピュータシステムおよび使用時間に関する情報などの技術的な情報が含まれます。ユーザーが位置情報の収集に同意している場合、プロバイダーによっては、これも処理されることがあります。

また、利用者のIPアドレスも保存されます。ただし、ユーザー保護のため、IPマスキング(IPアドレスを短縮して仮名化すること)を行っています。一般的に、ウェブ解析、A/Bテスト、最適化の文脈では、明確なユーザーデータ(メールアドレスや氏名など)は保存されず、仮名が使用されます。つまり、当社および使用するソフトウェアのプロバイダーは、利用者の実際の身元を知ることはなく、それぞれの手続きのために利用者のプロファイルに保存された情報のみを知ることができるのです。

法的根拠に関する注記。当社が第三者プロバイダーの使用に同意するようユーザーに求める場合、データ処理の法的根拠は同意です。それ以外の場合、ユーザーのデータは、当社の正当な利益(効率的、経済的、かつ受信者に優しいサービスへの関心など)に基づいて処理されます。その際、本プライバシーポリシーに記載されているクッキーの使用に関する情報もご参照ください。

  • 処理されるデータの種類。利用状況データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの興味、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレスなど)。
  • 関係者ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービス利用者)。
  • 処理の目的リーチ計測(アクセス統計、再訪問者の認識など)、トラッキング(興味・行動関連プロファイリング、クッキーの使用など)、訪問行動評価、プロファイリング(ユーザープロファイルの作成)。
  • 安全対策IPマスキング(IPアドレスの仮名化)。
  • 法的根拠同意(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. a. DSGVO)、正当な利益(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. f. DSGVO)。

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

  • エトラッカーウェブ解析/リーチ測定、サービス提供者:etracker GmbH, Erste Brunnenstraße 1 20459 Hamburg, Germany、ウェブサイト。https://www.etracker.comプライバシーポリシーhttps://www.etracker.com/datenschutz/異議申し立て(Opt-Out)の可能性。https://www.etracker.de/privacy?et=[アカウントIDを入力してください。]
  • マトモ(クッキーなし)。Matomoはデータ保護に配慮したウェブ解析ソフトウェアで、クッキーを使用せず、匿名で保存され24時間ごとに変更されるいわゆる「デジタル指紋」の助けを借りて、再訪問者を認識します。「デジタル指紋」により、当社のオンラインサービス内でのユーザーの動きは、ユーザー側のブラウザ設定と組み合わせて、個々のユーザーの身元に関する結論を引き出すことができない方法で、仮名化したIPアドレスを使って記録します;サービス提供者。自前のウェブ解析/リーチ測定;ウェブサイト。https://matomo.org/.

お客様のウェブサイトでウェブ解析、モニタリング、最適化ツールを使用しない場合は、ウェブ解析、モニタリング、最適化という通路を削除してください。必要に応じて、サービスやプロバイダーのリストを調整します。注)Matomoは、Cookieを使用しないバージョンで宣言しています。

オンラインマーケティング

当社は、オンラインマーケティングの目的で個人データを処理します。この目的には、特に、広告スペースのマーケティング、ユーザーの潜在的な関心に基づくプロモーションおよびその他のコンテンツ(以下、総称して「コンテンツ」)の表示、ならびにその効果測定が含まれます。

これらの目的のために、いわゆるユーザープロファイルが作成され、ファイルに保存される(いわゆる「クッキー」)か、同様の手順が使用され、それによって前述のコンテンツの提示に関連するユーザーに関する情報が保存されるのです。この情報には、例えば、閲覧したコンテンツ、訪問したウェブサイト、利用したオンラインネットワークのほか、通信相手、使用したブラウザ、使用したコンピュータシステム、利用時間に関する情報などの技術的な情報が含まれることがあります。ユーザーが位置情報の収集に同意している場合、これも処理されることがあります。

また、利用者のIPアドレスも保存されます。ただし、利用可能なIPマスキング処理(IPアドレスを短縮することによる仮名化)を用いて、ユーザー保護を図っています。一般に、オンライン・マーケティング・プロセスの枠組み内では、明確なユーザーデータ(電子メールアドレスや氏名など)は保存されず、仮名が使用されます。これは、当社およびオンラインマーケティング手順のプロバイダーが、ユーザーの実際の身元を知らず、ユーザーのプロファイルに保存されている情報のみを知っていることを意味します。

プロフィールの情報は、通常、クッキーまたは類似の手続きによって保存されます。これらのクッキーは、一般に、後に同じオンラインマーケティング手順を使用する他のウェブサイトでも読み取られ、コンテンツを表示する目的で分析されるとともに、さらなるデータで補完されてオンラインマーケティング手順提供者のサーバーに保存されることが可能です。

例外的に、プロファイルにクリアデータを関連付けることができる。これは、例えば、利用者が、当社がオンラインマーケティング手続きを利用しているソーシャルネットワークのメンバーであり、同ネットワークが利用者のプロフィールを前述のデータとリンクさせている場合に該当します。ユーザーは、登録手続きの一環として同意を与えるなどして、プロバイダーと追加的な契約を結ぶことができることにご留意くださいますようお願いいたします。

原則として、広告の成功に関する要約された情報にのみアクセスすることができます。ただし、いわゆるコンバージョン測定の枠組みの中で、当社のどのオンラインマーケティング手法がいわゆるコンバージョンにつながったのか、すなわち、例えば、当社との契約締結につながったのかを確認することは可能です。コンバージョン測定は、当社のマーケティング施策の成果を分析するためにのみ使用されます。

特に断りのない限り、使用されたクッキーは2年間保存されるものとお考えください。

法的根拠に関する注記。当社が第三者プロバイダーの使用に同意するようユーザーに求める場合、データ処理の法的根拠は同意です。それ以外の場合、ユーザーのデータは、当社の正当な利益(効率的、経済的、かつ受信者に優しいサービスへの関心など)に基づいて処理されます。その際、本プライバシーポリシーに記載されているクッキーの使用に関する情報もご参照ください。

フェイスブックピクセルFacebookピクセルの助けを借りて、Facebookは、広告(いわゆる「Facebook広告」)を表示するためのターゲットグループとして、当社のオンラインオファーへの訪問者を決定することが可能です。したがって、弊社は、弊社が掲載したFacebook広告を、Facebook上およびFacebookと提携しているパートナーのサービス(いわゆる「オーディエンスネットワーク」)内で、当該ユーザーのみに表示するために、Facebookピクセルを使用しています。https://www.facebook.com/audiencenetwork/また、当社のオンラインオファーに関心を示した人、または当社がFacebookに送信する特定の特性(閲覧したウェブページから明らかな特定のトピックや製品への関心など)を有する人(いわゆる「カスタムオーディエンス」)も含まれます。)また、Facebookピクセルの助けを借りて、私たちのFacebook広告がユーザーの潜在的な関心に対応し、嫌がらせのような効果をもたらさないようにしたいと考えています。さらに、Facebookピクセルの助けを借りて、ユーザーがFacebook広告をクリックした後に当社のウェブサイトに移動したかどうかを確認することにより、統計および市場調査目的でFacebook広告の効果を追跡することができます(いわゆる「コンバージョン測定」)。

  • 処理されるデータの種類。利用状況データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの興味、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)、位置情報(デバイスまたは人の地理的な位置に関する情報)。
  • 関係者ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービスのユーザー)、利害関係者。
  • 処理の目的トラッキング(興味・行動プロファイリング、クッキーの使用など)、リマーケティング、訪問行動評価、興味・行動マーケティング、プロファイリング(ユーザープロファイルの作成)、コンバージョン測定(マーケティング施策の効果測定)、リーチ測定(アクセス統計、再訪問者の認識など)、ターゲティング(マーケティング目的またはコンテンツの他の出力に関連するターゲットグループの決定)、クロスデバイス・トラッキング(マーケティング目的でデバイス間でユーザーデータを処理すること)。
  • 安全対策IPマスキング(IPアドレスの仮名化)。
  • 法的根拠同意(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. a. DSGVO)、正当な利益(Art. 6 para. 1 p. 1 lit. f. DSGVO)。
  • 異議申し立て(オプトアウト)の可能性。当社は、各プロバイダーのデータ保護に関する通知、およびプロバイダーに対して与えられた異議申し立てオプション(いわゆる「オプトアウト」)を参照しています。明示的なオプトアウトのオプションが指定されていない場合、お客様はブラウザの設定でクッキーをオフにするオプションがあります。ただし、その場合、当社のオンライン提供の機能が制限されることがあります。そこで、我々は以下の追加的なオプトアウトの選択肢を推奨しており、それぞれの地域についてまとめて提供している。https://www.youronlinechoices.eu.
    b) カナダhttps://www.youradchoices.ca/choices.
    c) アメリカhttps://www.aboutads.info/choices.
    d) 領域横断的なもの。https://optout.aboutads.info.

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

  • Google タグマネージャ。Google タグマネージャは、いわゆるウェブサイトタグをインターフェースで管理し、他のサービスを当社のオンラインサービスに統合することができるソリューションです。タグマネージャー自体(タグを実装するもの)は、ユーザーの個人情報を処理しません。ユーザーの個人情報の処理に関しては、Googleのサービスに関する以下の情報をご参照ください。サービス提供者です。Google Ireland Limited, Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland(グーグル・アイルランド社)、親会社。Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA; Website:https://marketingplatform.google.comプライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy.
  • Google Analyticsを使用しています。オンラインマーケティング、ウェブ解析、サービスプロバイダー。グーグル・アイルランド・リミテッド、ゴードン・ハウス、バロー・ストリート、ダブリン4、アイルランド;親会社。Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA; ウェブサイト。https://marketingplatform.google.com/intl/de/about/analytics/プライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy異議申し立てのオプション(Opt-Out)。オプトアウトプラグイン。https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=de広告の表示に関する設定。https://adssettings.google.com/authenticated.
  • Google Adsとコンバージョン測定。当社は、オンラインマーケティングプロセス「Google Ads」を使用して、Google広告ネットワーク(検索結果、ビデオ、ウェブページなど)に広告を掲載し、広告に関心を持つと推定されるユーザーに表示されるようにしています。また、広告のコンバージョンも測定しています。ただし、当社が知ることができるのは、当社の広告をクリックし、いわゆる「コンバージョントラッキングタグ」の付いたページにリダイレクトされたユーザーの匿名の総数のみです。ただし、私たち自身がユーザーを特定できるような情報を受け取ることはありません。サービス提供者です。Google Ireland Limited, Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland、親会社:Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA、ウェブサイト:Google。https://marketingplatform.google.comプライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy.
  • Google Ad Managerです。当社は、Google Marketing Platform(およびGoogle Ad Managerなどのサービス)を使用して、Googleの広告ネットワーク(検索結果、動画、ウェブページなど)に広告を掲載しています。Google Marketing Platformの特徴は、ユーザーの興味・関心を推定し、リアルタイムに広告を表示することです。これにより、当社は、当社のオンラインサービスの広告を、ユーザーの興味に合致する可能性のある広告のみを表示するために、より的を絞った方法で表示することができます。例えば、ユーザーが他のオンラインサービスで興味を持った商品の広告を表示することを「リマーケティング」と呼びます。サービス提供者です。Google Ireland Limited, Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland、親会社:Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA、ウェブサイト:Google。https://marketingplatform.google.comプライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy.
  • フェイスブックピクセルサービス提供者です。https://www.facebook.com, Facebook Ireland Ltd, 4 Grand Canal Square, Grand Canal Harbour, Dublin 2, Ireland, 親会社:Facebook, 1 Hacker Way, Menlo Park, CA 94025, USA; ウェブサイト。https://www.facebook.comプライバシーポリシーhttps://www.facebook.com/about/privacy異議申し立て(Opt-Out)の可能性。https://www.facebook.com/settings?tab=ads.

ウェブサイトでオンラインマーケティングツールを使用していない場合は、オンラインマーケティングという通路を削除してください。必要に応じて、サービスやプロバイダーのリストを調整します。ウェブサイト上のマーケティング・サービスの利用には、通常、クッキーのオプトインが必要であることに留意してください。

ソーシャルネットワーク(ソーシャルメディア)におけるプレゼンス

当社は、ソーシャルネットワーク内でオンラインプレゼンスを維持し、そこで活動するユーザーとコミュニケーションをとるため、または当社に関する情報を提供するために、この文脈でユーザーデータを処理します。

私たちは、ユーザーデータが欧州連合外で処理される可能性があることを指摘したいと思います。その結果、ユーザーの権利行使が困難になるなど、ユーザーにとってリスクが生じる可能性があります。

さらに、ソーシャルネットワーク内のユーザーデータは、通常、市場調査や広告の目的で処理されます。例えば、ユーザーの利用行動とその結果としての興味に基づいて、利用プロファイルを作成することができます。利用プロファイルは、例えば、ユーザーの興味に対応すると思われる広告をネットワーク内外で掲載するために利用することができます。これらの目的のために、通常、クッキーはユーザーのコンピュータに保存され、その中にユーザーの使用行動や興味が保存されます。さらに、ユーザーが使用するデバイスとは独立したデータも、使用プロファイルに保存される場合があります(特に、ユーザーが各プラットフォームのメンバーであり、それらにログインしている場合)。

それぞれの処理の形態および反対(オプトアウト)の選択肢の詳細については、各ネットワークの運営者が提供するデータ保護宣言および情報を参照してください。

情報提供の要請やデータ主体の権利の主張の場合、これらはプロバイダーとの間で最も効果的に主張できることも指摘しておきたいと思います。プロバイダーだけがユーザーのデータにアクセスでき、適切な措置を講じたり、直接情報を提供したりすることができます。それでもお困りの場合は、弊社までご連絡ください。

  • 処理されるデータの種類。インベントリデータ(例:氏名、住所)、コンタクトデータ(例:電子メール、電話番号)、コンテンツデータ(例:オンラインフォームへの入力)、使用データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの関心、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)。
  • 関係者ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービス利用者)。
  • 処理の目的お問い合わせ、連絡、トラッキング(例:興味・行動プロファイリング、クッキーの使用)、リマーケティング、リーチ測定(例:アクセス統計、リピーターの認識)。
  • 法的根拠正当な利益(Art. 6 para. 1 p. 1 lit.)

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

必要に応じて、ソーシャルネットワークのリストを調整します。

プラグイン、組み込み機能・コンテンツ

当社は、それぞれのプロバイダー(以下、「第三者プロバイダー」といいます)のサーバーから取得した機能要素およびコンテンツ要素を当社のオンラインオファーに統合しています。これらは、例えば、グラフィック、ビデオ、ソーシャルメディアのボタンや投稿(以下、統一して「コンテンツ」といいます)です。

この統合は、このコンテンツの第三者プロバイダーがユーザーのIPアドレスを処理することを常に要求します。IPアドレスがなければ、ユーザーのブラウザにコンテンツを送信することができないからです。そのため、このコンテンツや機能を表示するためには、IPアドレスが必要です。当社は、各プロバイダがコンテンツの配信のためにIPアドレスのみを使用するコンテンツのみを使用するよう努めます。また、第三者プロバイダーは、統計上またはマーケティング上の目的で、いわゆるピクセルタグ(目に見えないグラフィックス、「ウェブビーコン」とも呼ばれます)を使用する場合があります。ピクセルタグ」は、本ウェブサイトのページにおける訪問者のトラフィックなどの情報を分析するために使用することができます。また、仮名情報は、ユーザーのデバイス上のクッキーに保存され、とりわけ、ブラウザおよびオペレーティング・システムに関する技術情報、参照ウェブサイト、訪問時間および当社のオンライン提供物の使用に関するその他の情報を含み、また、他の情報源からの当該情報にリンクされる可能性があります。

法的根拠に関する注記。当社が第三者プロバイダーの使用に同意するようユーザーに求める場合、データ処理の法的根拠は同意です。それ以外の場合、ユーザーのデータは、当社の正当な利益(効率的、経済的、かつ受信者に優しいサービスへの関心など)に基づいて処理されます。その際、本プライバシーポリシーに記載されているクッキーの使用に関する情報もご参照ください。

  • 処理されるデータの種類。利用状況データ(例:訪問したウェブサイト、コンテンツへの興味、アクセス時間)、メタ/コミュニケーションデータ(例:デバイス情報、IPアドレス)、位置情報(デバイスまたは個人の地理的位置に関する情報)、コンテンツデータ(例:オンラインフォームの入力)、インベントリデータ(例:名前、住所)、コンタクトデータ(例:電子メール、電話番号)。
  • 関係者ユーザー(例:ウェブサイト訪問者、オンラインサービスのユーザー)、コミュニケーションパートナー。
  • 処理の目的当社のオンラインサービスおよびユーザー体験の提供、契約サービスおよび顧客サービスの提供、連絡要求および連絡、トラッキング(例:興味・行動プロファイリング、クッキーの使用)、興味・行動ベースのマーケティング、プロファイリング(ユーザープロファイルの作成)、セキュリティ対策、管理および要求への対応。
  • 法的根拠正当な利益(第6条第1項第1号f. DSGVO)、同意(第6条第1項第1号a. DSGVO)、契約の履行および契約前の照会(第6条第1項第1号b. DSGVO)。

利用したサービスおよびサービスプロバイダー

  • Facebookのプラグインやコンテンツ。Facebookソーシャルプラグインおよびコンテンツ - これには、例えば、画像、ビデオまたはテキストなどのコンテンツや、ユーザーがFacebook内で本オンラインサービスのコンテンツを共有することを可能にするボタンが含まれる場合があります。Facebookソーシャルプラグインの一覧と外観は、こちらからご覧いただけます。https://developers.facebook.com/docs/plugins/サービスプロバイダーhttps://www.facebook.com, Facebook Ireland Ltd, 4 Grand Canal Square, Grand Canal Harbour, Dublin 2, Ireland, 親会社:Facebook, 1 Hacker Way, Menlo Park, CA 94025, USA; ウェブサイト。https://www.facebook.comプライバシーポリシーhttps://www.facebook.com/about/privacyオプトアウトのオプションがあります。広告に関する設定。https://www.facebook.com/settings?tab=ads.
  • グーグルフォント当社は、プロバイダーであるGoogleのフォント(「Google Fonts」)を統合しており、これにより、ユーザーのデータは、ユーザーのブラウザにフォントを表示する目的でのみ使用されます。この統合は、技術的に安全で、メンテナンスフリーで、効率的なフォントの使用、その均一な表示、およびそれらの統合のための可能なライセンス制限を考慮した当社の正当な利益に基づくものです。サービス提供者です。グーグル・アイルランド・リミテッド、ゴードン・ハウス、バロー・ストリート、ダブリン4、アイルランド、親会社。Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA; Website:https://fonts.google.com/プライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy.
  • グーグルマッププロバイダーであるGoogleの「Google Maps」サービスの地図を統合しています。処理されるデータには、特に、ユーザーのIPアドレスおよび位置情報が含まれますが、これらはユーザーの同意なしに収集されることはありません(通常、ユーザーの携帯端末の設定の枠組みの中で実行されます)。グーグル・アイルランド・リミテッド、ゴードン・ハウス、バロー・ストリート、ダブリン4、アイルランド、親会社。Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA; Website:https://cloud.google.com/maps-platformプライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy異議申し立てのオプション(Opt-Out)。オプトアウトプラグイン。https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=de広告の表示に関する設定。https://adssettings.google.com/authenticated.
  • ReCaptchaオンラインフォームにデータを入力する際などに、ボットを認識するための「ReCaptcha」機能を統合しています。人間とボットを区別するために、ユーザーの行動データ(マウスの動きやクエリなど)を評価する。サービス提供者です。Google Ireland Limited, Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland(グーグル・アイルランド社)、親会社。Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA; Website:https://www.google.com/recaptcha/プライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy異議申し立てのオプション(Opt-Out)。オプトアウトプラグイン。https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=de広告の表示に関する設定。https://adssettings.google.com/authenticated.
  • Twitterのプラグインやコンテンツ。Twitterプラグインおよびボタン - これには、例えば、画像、ビデオ、テキストなどのコンテンツや、ユーザーがTwitter内で本オンラインサービスからのコンテンツを共有できるボタンが含まれる場合があります。サービス提供者です。Twitter Inc, 1355 Market Street, Suite 900, San Francisco, CA 94103, USA; Website:https://twitter.com/deプライバシーポリシーhttps://twitter.com/de/privacy.
  • YouTubeの動画です。映像コンテンツ;サービスプロバイダー。グーグル・アイルランド・リミテッド、ゴードン・ハウス、バロー・ストリート、ダブリン4、アイルランド;親会社。Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA; ウェブサイト。https://www.youtube.comプライバシーポリシーhttps://policies.google.com/privacy異議申し立てのオプション(Opt-Out)。オプトアウトプラグイン。https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=de広告の表示に関する設定。https://adssettings.google.com/authenticated.

お客様のウェブサイト内でプラグインや埋め込み機能、コンテンツを使用しない場合は、通路のプラグインや埋め込み機能、コンテンツを削除してください。それ以外の場合は、必要に応じてサービスやプロバイダーのリストを修正してください。

データ消去

当社が処理したデータは、処理について許可されたその同意が取り消され、またはその他の許可が適用されなくなった時点で、法的要件に従って削除されます(このデータの処理目的が適用されなくなった場合、または目的に対して必要でなくなった場合など)。

他の法的に許容される目的のためにデータが必要であるため削除されない場合、その処理はこれらの目的に限定されます。すなわち、データはブロックされ、他の目的のために処理されることはありません。これは、例えば、商法や税法上の理由で保持しなければならないデータや、法的請求の主張、行使、弁護のため、あるいは他の自然人や法人の権利の保護のためにその保存が必要なデータに適用されます。

個人情報の削除に関する詳しい情報は、このデータ保護宣言の個々のデータ保護に関する通知で確認することができます。

プライバシーポリシーの修正と更新

当社のデータ保護宣言の内容については、定期的にお知らせするようお願いします。当社は、当社が行うデータ処理の変更に伴い、データ保護宣言が必要になった場合、直ちにこれを修正します。変更に際して、お客様の協力(同意など)が必要な場合、あるいは個別にお知らせする必要がある場合は、速やかにお知らせします。

本プライバシーステートメントにおいて、当社が企業や団体の住所や連絡先を記載している場合、その住所は時間の経過とともに変更されることがありますので、当社にご連絡いただく前にご確認ください。

データ主体の権利

データ対象者として、お客様は、特にGDPR第15条から第21条に起因する、GDPRに基づく様々な権利を有しています。

  • 反対する権利: お客様は、DSGVO第6条1項(e)または(f)に基づいて行われるお客様に関する個人情報の処理に対して、お客様の特定の状況に関連する根拠に基づいて、いつでも反対する権利を有します。これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。お客様に関する個人情報がダイレクトマーケティングの目的で処理される場合、お客様は当該マーケティングを目的としたお客様に関する個人情報の処理にいつでも異議を唱える権利を有します。このことは、当該ダイレクトマーケティングに関連する限りにおいて、プロファイリングにも適用されます。
  • 同意の撤回権お客様は、お客様が与えた同意をいつでも取り消す権利を有します。
  • 情報を得る権利お客様は、当該データが処理されているかどうかの確認、当該データに関する情報、および法的要件に従ったさらなる情報およびデータの複製を要求する権利を有します。
  • 修正する権利。お客様は、法的要求事項に従い、お客様に関するデータの完成またはお客様に関する不正確なデータの訂正を要求する権利を有します。
  • 消去および処理制限の権利お客様は、法令の規定に従って、お客様に関するデータを直ちに削除することを要求する権利、あるいはその代わりに、法令の規定に従ってデータの処理の制限を要求する権利を有します。
  • データポータビリティの権利お客様は、当社に提供したお客様に関するデータを、法的要件に従って、構造化された共通の機械可読形式で受け取る権利、または別の責任者に転送するよう要求する権利を有します。
  • 監督官庁への苦情また、お客様は、お客様に関する個人データの処理がGDPRを侵害していると考える場合、法律に従って、特にお客様の常居所地、勤務先、または侵害が疑われる場所の加盟国の監督機関に苦情を申し立てる権利を有しています。

用語の定義

このセクションでは、このプライバシーポリシーで使用される用語の概要について説明します。多くの用語は法律から引用され、とりわけGDPR第4条で定義されています。法的な定義には拘束力があります。一方、以下の説明は、それらの理解を助けることを主目的としています。用語はアルファベット順に並んでいます。

  • 訪問行動評価。「コンバージョントラッキング」とは、マーケティング施策の効果を判定するために利用できる手順を指します。この目的のために、クッキーは通常、マーケティング施策が行われるウェブサイト内のユーザーのデバイスに保存され、その後、ターゲットウェブサイトで再び取得されるようになっています。例えば、当社が他のウェブサイトに掲載した広告が成功したかどうかを追跡することができます)。
  • 信用情報自動化された決定とは、人手を介さない自動的なデータ処理に基づくものです(例:アカウントでの購入、オンラインでのクレジット申込、オンラインでの申込手続きにおいて、人手を介さずに自動的に拒否される場合など)。このような自動化された決定は、データ対象者が同意した場合、契約の履行に必要な場合、または国内法で認められている場合にのみ、GDPR第22条の下で許可されます。
  • クロスデバイスのトラッキングクロスデバイストラッキングとは、オンライン上の識別子をユーザーに付与することで、ユーザーの行動や関心情報をデバイスをまたいで、いわゆるプロファイルとして記録するトラッキングの一種です。これにより、使用するブラウザーやデバイス(携帯電話やデスクトップコンピューターなど)に関係なく、マーケティング目的でユーザー情報を分析することができるようになります。ほとんどのプロバイダーでは、オンライン識別子は、名前、郵便番号、電子メールアドレスなどの明確なデータとはリンクしていません。
  • IPマスキング。IPマスキング」とは、IPアドレスの最後のオクテット、つまり最後の2つの数字を削除することで、IPアドレスから個人を特定できないようにする方法です。したがって、IPマスキングは、特にオンラインマーケティングにおいて、処理手順を仮名化するための手段である
  • インタレスト・ベース・マーケティングとビヘイビア・マーケティング。インタレストベース、あるいは行動ベースのマーケティングとは、広告やその他のコンテンツに対するユーザーの潜在的な関心を可能な限り正確に判断することです。これは、いわゆるプロファイルに保存されている、ユーザーの過去の行動(特定のウェブサイトへの訪問や滞在、購買行動、他のユーザーとの交流など)に関する情報に基づいて行われます。クッキーは、一般的にこれらの目的のために使用されます。
  • 変換測定。コンバージョン測定は、マーケティング施策の効果を判定するために用いることができる手法です。この目的のために、クッキーは通常、マーケティング施策が行われるウェブサイト内のユーザーのデバイスに保存され、その後、ターゲットウェブサイトで再び取得されるようになっています。例えば、当社が他のウェブサイトに掲載した広告が成功したかどうかを追跡することができます。
  • 個人情報「個人情報」とは、識別された又は識別可能な自然人(以下「情報主体」といいます)に関するあらゆる情報をいいます。識別可能な自然人とは、特に、氏名、識別番号、位置情報、オンライン識別子(クッキー等)等の識別子又は当該自然人の身体、生理、遺伝、精神、経済、文化若しくは社会のアイデンティティに関する一つ以上の要素を参照して、直接的又は間接的に識別できる自然人をいいます。
  • プロファイリングプロファイリング」とは、自然人に関する特定の個人的側面(プロファイリングの種類によっては、年齢、性別、位置情報および移動情報、ウェブサイトおよびそのコンテンツとの相互作用、ショッピング行動、他の人との社会的相互作用に関する情報)(例えば、特定のコンテンツまたは製品に対する興味、ウェブサイトまたは場所でのクリック行動)を分析、評価または予測するために個人データを使用することからなる個人データの自動処理の形態を指します。クッキーやウェブビーコンは、しばしばプロファイリングの目的で使用されます。
  • リーチ測定。リーチ測定(ウェブ解析とも呼ばれる)は、オンライン提供の訪問者の流れを評価するために使用され、ウェブサイトのコンテンツなど特定の情報に訪問者の行動や興味を含めることができます。リーチ分析により、ウェブサイト所有者は、例えば、訪問者がどのような時間にウェブサイトを訪れ、どのようなコンテンツに興味を持ったのかを知ることができます。これにより、例えば、ウェブサイトの内容を訪問者のニーズに合わせてより良く適応させることができます。リーチ分析のために、しばしば匿名クッキーとウェブビーコンを使用して、再訪問者を認識し、オンラインオファーの利用についてのより正確な分析を得ることができます。
  • リマーケティングリマーケティング」または「リターゲティング」とは、例えば広告の目的で、ユーザーがウェブサイト上でどの製品に興味を持ったかを記録し、他のウェブサイト上の広告などでその製品をユーザーに思い出させることです。
  • 位置情報です。位置情報は、モバイル機器(または位置決定の技術的要件を備えた他の機器)が無線セル、WLANまたは同様の位置決定の技術的手段および機能に接続したときに生成されます。位置情報は、各機器が位置する地球上の地理的に確定できる位置を示すために使用される。位置情報は、例えば、場所に応じた地図機能などを表示するために利用することができる。
  • トラッキングを行う。トラッキング」とは、複数のオンラインサービスにおいて、ユーザーの行動を追跡することです。原則として、利用されるオンライン・オファーに関する行動情報および関心情報は、クッキーまたはトラッキング技術のプロバイダーのサーバーに保存されます(いわゆるプロファイリング)。この情報は、例えば、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために利用されます。
  • 責任者です。管理者」とは、単独でまたは他者と共同して個人データの処理の目的および手段を決定する自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体をいいます。
  • 処理することです。「処理」とは、自動的な手段であるか否かを問わず、個人データに対して行われるあらゆる操作または一連の操作を意味します。この用語は広範であり、データの収集、分析、保存、送信、消去など、事実上あらゆるデータの取り扱いを対象としています。
  • ターゲットグループの形成。広告の挿入などの目的でターゲットグループを決定する場合、ターゲットグループの形成(または「カスタムオーディエンス」)と言います。例えば、インターネット上のある商品や話題に対するユーザーの興味から、このユーザーは類似商品の広告や、商品を閲覧したオンラインショップに興味があると判断することができるのです。また、プロフィールが作成されたユーザーとプロファイルや関心が一致すると思われるユーザーに対して、適切と思われるコンテンツが表示される場合、「類似オーディエンス」(または類似ターゲットグループ)と呼ばれます。クッキーとウェブビーコンは、一般に、カスタムオーディエンスおよび類似オーディエンスの作成のために使用されます。
ja日本語
トップページに戻る