Interclub VIII のブラケット

"Alea jacta est" または "The die is cast"、なぜなら ブラケット すでに8回目を迎えたドイツ・トップチームと提携校のクラブ対抗戦が開催されることになった。明日の日曜日、ヴュルツブルク、ケンプテン、ネッカーヴァイヒンゲン、ニュルティンゲン、ヴェルナウ、グリュンフェルト、ボンランデン、そしてもちろんロイトリンゲンからグラップラーが、切望されるメダルを求めてロイトリンゲンのアカデミーに集まり、八角形の中で戦うことになるのである。ロイトリンゲンのアカデミー八角形で、メダルをかけて戦います。松涛杯「11月30日のロイトリンゲンでは、選手たちは貴重な経験を積み、自分のゲームの弱点を洗い出したいと思っています。

特に「初心者」や「白帯」の間では、このクラブ内トーナメントは非常に受け入れられやすく、「スモールマネー」で4つのクラスから始めることができ、それゆえ多くの試合をするチャンスがあるのです。インタークラブのチャンピオンは、NAGA、UAEJJF、ADCC、そして最近ではスヴェン・フォーテンバッハの小田原BJJオープンなど、大きな大会で金メダルを獲得しており、この大会のコンセプトは間違いなく成功していると言えるでしょう。この大会の目的は、大きな大会で決め手となるマットの上でできるだけ多くの経験を積むことです。

明日は50試合近くが予定されており、ロイトリンゲンのオクタゴンは午後1時から賑やかになることでしょう。すべてのファイターが良い旅をし、できるだけ怪我をしないように祈っています。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る