ドイツでのADCC大会の利点

エーディーシーシー

近年、ドイツでは格闘技が大きな盛り上がりを見せており、その中でADCC(アブダビコンバットクラブ)の大会はますます人気を集めている。しかし、ADCCの大会はIBJJF(国際ブラジリアン柔術連盟)やNAGA(北米グラップリング協会)のような国際的に認められた他の連盟と比べてどうなのだろうか?この記事では、前述の連盟との違いを浮き彫りにしながら、ドイツにおけるADCC大会の利点を詳しく見ていこう。

  1. より高い国際的評価と競争レベル:

    ADCCの大会は世界的に高い評価を得ており、世界中からトップクラスのグラップラーやファイターが集まる。それに比べて、IBJJFやNAGAの大会も高く評価されているが、ADCCの大会はさらに高い基準を設定している。これはドイツの選手たちに、国際的な舞台で自分たちの実力を証明し、新たなレベルに引き上げる機会を提供するものだ。

  2. より汎用性の高い競技規則:

    ADCCの大会は、より汎用性の高いルールが特徴である。とは対照的に IBJJF-ブラジリアン柔術をメインとしたイベントであるADCCでは、より幅広いテクニックを認め、格闘スポーツのさまざまな側面において、ファイターがそのスキルを披露することを奨励している。これにより、参加者にとっても観客にとっても、よりダイナミックでエキサイティングな競技体験ができる。

  3. サブミッションレスリングにフォーカス:

    ADCCの大会はサブミッションレスリングに重点を置いており、ポイントや判定に頼るのではなく、相手をサブミッションすることで試合に勝つことが奨励されている。このようにサブミッションが重視されるため、エキサイティングでアクション満載の試合が展開され、しばしば華麗なフィニッシュが見られる。それに比べ、IBJJFではポイント制が重視され、より保守的な試合になることがある。

  4. 年齢や経験レベルを問わず、平等な機会を提供する:

    ADCCの大会では、ジュニアからマスターズまで、さまざまな年齢層と経験レベルのカテゴリーが用意されている。これにより、あらゆる年齢層や経験レベルの人々が競技に参加し、上達することができる。ADCCのオープンな姿勢は、特に多くのアスリートにとって魅力的な、包括的で協力的なコミュニティを作り出している。

  5. 国際的なネットワーキングと経験交流:

    ADCCのトーナメントに参加することで、ドイツのファイターは世界中のグラップラーと競い合う機会を得ることができる。これによって国際的な経験交流が促進され、ドイツの選手たちは異なるスタイルやテクニックから学ぶことができる。また、格闘技界における世界的なつながりが強化され、文化交流も促進される。

総額 エーディーシーシー ドイツで開催される大会は、格闘技愛好家にとって国際的なレベルで自らを証明し、多彩な技を披露するまたとない機会となっている。IBJJFやNAGAのような連盟がそれぞれの長所を持っていることは間違いないが、ADCCの大会が際立っているのは、より高い国際的認知度、より多彩なルール、そしてサブミッション・レスリングに重点を置いているためである。これらの違いにより、ADCC大会はドイツのファイターにとってエキサイティングでやりがいのある選択肢であり、ドイツの格闘技界を強化し、豊かにする一助となっている。

ADCCドイツのスーパーシリーズは、今後2ヶ月の間に、ドイツ南部と北部でさらに2つの大会が開催される:

ADCCスーパーシリーズ

登録 ADCCスーパーシリーズIII in ヘレンベルク

 

エーディーシーシー

登録 ADCCスーパーシリーズIV in ヴォルフスブルク

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る