スヴェン・フォーテンバッハが日本で金メダルを獲得

全日本アマチュア・シュート選手権大会と同時に、ブラジリアン柔術JBJJFの第2回小田原柔術オープントーナメントが日曜日に小田原アリーナで開催されました。そして、すでに日本にいるのなら、トーナメントを持っていったほうがいい。この考えはジャーマントップチームのスヴェン・フォーテンバッハに実を結んだ。彼は青帯の階級で金メダル、アブソリュートクラスで銅メダルを獲得した。2回とも、MMAの伝説的存在である佐藤ルミナが主催するルーツジムのファイターと戦わなければならなかった。同階級の決勝戦ではマタ・レアオを相手に約4分半でサブミッションで厳しい戦いを終わらせたが、アブソリュートクラスでは体重15kgの相手にリストロックでギブアップせざるを得なかった。スヴェン・フォーテンバッハ選手にとって初めての青帯トーナメントでしたが、この場を借りて改めて彼の新たな卒業をお祝いしたいと思います。

コーチのペーター・アンゲラーはブラックベルツに出場し、アブソリュートクラスでアジアチャンピオンの岡本高明と対戦、同階級で金メダルを取った後、戦わずして0:2のポイント差で敗れた。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る