Rising Sun 3でGrapple&Moveが優勝。

グラップル&ムーヴ

Grapple&Moveフライバーグがライジングサンの新チャンピオンに。

の開設が決定しました。 ドイツトップチームパフォーマンスセンタージム24 ライフスタイル(ヘレンベルク は、この週末、絶対的な武道のハイライトでした。この画期的なイベントに、ドイツ全土からチームやアスリートが最後の2日間、現地で生中継され、積極的に参加していました。土曜日のスヴェン・フォルテンバッハーとセルヴィン・ラムシロヴィッチによるワークショップは満員で、マットは一日中、多くの参加者で賑わっていました。

今日、日曜日は、オープニングの目玉として、大会 "ライジング・サンIII"絶対的メイトスリラー "である。ドイツのTop Team Affiliationネットワークに所属する6チームが、Grappling Team Survival Matchモードで戦い、この五人組スタイルのトーナメントのチャンピオンを決定します。そして、Sascha RauとAmin AicheleのGrapple&Moveが優勝を飾った時の驚きは大きかった。フライベルクの道場は、つい最近、ルタ・リーブル黒帯のアミン・アイシェルのセンセーショナルな50人組手でドイツ中に知られるようになりましたが、非常に堅実なパフォーマンスを見せ、当然のことながら新王者の座を獲得しました。

ここでは カクトウギ 本日、ヘレンベルクで行われた5チーム対抗戦の独占レポートがあります。

アルペンBJJケンプテン vs サムライファイトチームライプツィヒ

最初の決戦は、すでに興奮とアクションを約束していた。ケンプテン対ライプツィヒは、目の高さにある2つの強豪チームの興味深い衝突だった。オープニングマッチでは、セバスチャン・ヘッテリヒ(アルペンBJJ)とシュート界の奇才ビョルン・ヘルマン(サムライファイトチーム)が引き分け、ともにマットを離れることになった。その後、ゲラ・デイサゼがポール・シューベルトにサブミッションで勝利してサムライをリードし、続くイワン・ゾフコとの試合ではドローとなり、両者ともマットを離れることになった。しかし、ライプツィヒのサムライたちは、これで1ポイントリード、つまりチームに1人ファイターが増えたことになる。

ディミトライ・ツォドゥ(Samurai Fight Team)と、本日唯一の女性チームだったクリスティーナ・ブラウクル(Alpen BJJ)も引き分けた。そのため、アルペンBJJはマイケル・ハウペルト選手を残すのみとなったが、ハウペルト選手はオイゲン・ウェーバー選手をサブミッションで圧倒し、同点に追いつくことができた。最後の試合では、2人のチームキャプテンが対戦し、本物のマットスリラーが繰り広げられました。

ファイティングタイム終了後、両チームは同点に。そのままADCCポイントによる延長戦が3分にわたって戦われたが、これも2-2の引き分けに終わった。結局、3人のマットジャッジによる強制判定が行われ、ここでも2対1の大接戦となった。しかし、ここではアルペンBJJが優位に立ち、ライプツィヒのサムライに僅差で勝利した。これにより、ケンプトナーは準決勝に進出し、予選を通過したドイツのトップチーム、ベブリンゲンと対戦することになりました。

ドイツトップチーム本部 vs ケーナン・アカデミー・ヴュルツブルク

ドイツトップチーム本部のロイトリンゲンのチームは、ヴュルツブルクの若くて軽いチームとの対戦で、優勝候補の一角としてスタートしました。予想通り、ルネ・ツェラー(GTTHQ)がマクシミリアン・ノイマンとのオープニングマッチをサブミッションで制した。しかし、次の試合では、最年長のフランツ・ウィンター(ケナンアカデミー)がロイトリンガーからドローを奪い、試合から退場させたのであった。

ヴュルツブルクはまだ1人遅れていたが、ロイトリンゲンにとってはそれほど大きなリードではなかった。しかし、ロイトリンゲンは "英雄 "マルクス・ヘルドを試合に投入した。BJJとLuta Livreの茶帯を持つこの選手は、試合開始直後から持ち味を発揮し、カイ・フレーリッヒとアルトゥール・ホヴァキミャンの両選手をサブミッションで破ることに成功しました。これで、ヴュルツブルクのチーム・キャプテンを残すのみとなったが、その後の試合は間違いなく、この日最もエキサイティングで技術的に優れた試合となった。

マシュー・メイズ(ケナンアカデミー)は、ヘルドのバックを取り、何度もサブミッションで彼を窮地に追い込み、何度も衝撃的な瞬間を引き起こした。ロイトリンガーの心臓は何度も一瞬止まり、何度もサブミッションから解放されたのは、ヘルドの驚くべき経験のおかげであった。緊張の6分間が過ぎ、両選手はドローで別れ、ともにマットを降りなければなりませんでした。これにより、Grapple&Moveの準決勝の相手はGerman Top Team HQとなった。

準決勝1:アルペンBJJケンプテン vs ジャーマントップチーム・ベーブリンゲン

先週リスボンの大会で発症した足首の靭帯断裂を抱えながら出場したLuta Livre Blackbeltのセルヴィン・ラムシロヴィッチは、なんというパフォーマンスだったのだろう。ベルブリンゲンのジャーマントップチームを約1年半担当しているラムシロビッチは、オールガウ地方からの参加者を一人で席巻し、最初の4人の対戦相手をそれぞれ1分以内にサブミッションで破りました。

30kg級の相手を短時間で降参させるラムシロビッチの姿は、まるでシュールであった。最終戦では、ミヒャエル・ハウパートという対等な相手と対戦し、駆け引きに満ちたエキサイティングな試合が展開された。6分後、2人のトップファイターは引き分け、セルヴィンはアルペンBJJの最後の対戦相手を退け、ベブリンゲンの勝利となったのである。

セミファイナル2:ジャーマントップチームHQ vs グラップル&ムーヴ・フライベルグ

エキサイティングな準決勝となりました。両チームとも黒帯を持ち、青帯、紫帯、茶帯の強豪が揃っていた。ルネ・ゼラー(GTTHQ)とデニス・ハール(Grapple&Move)は、まず、ゼラーがバックマウントからの逆三角形で、はるかに重いハールに印象的に勝利しました。しかし、レネはこの試合で力を出し切らねばならず、レッグロックのスペシャリスト、カン・ドガン(Grapple&Move)にサブミッションで敗れた。

そこで両チームは再び同点に追いつき、マルクス・ヘルドがマットに登場した。軽快な動きを見せるドガンにチャンスを与えず、サブミッションで倒し、ロイトリンゲンチームが再びリードを奪う。しかし、ダニエル・ファイゼンマイヤー(Grapple&Move)は、大きな圧力でヘルドの技術的な強さに終止符を打ち、ヘルドをサブミッションで破った。今度はロイトリンゲンのマットに登場した "石工 "マーティン・プルゼゲンドザが、ファイゼンマイエを服従させることに成功した。

しかし、ルーカス・メルティグはプルゼゲンダを諦めさせ、フライベルグのファイターたちを軌道に乗せ、今度は体重の軽いステファン・ホス(GTTHQ)を相手にマットに上がった。そしてこの試合は、なんと目を楽しませてくれるものだった。ボス」であるホスは、すべてを天秤にかけ、メルティグからドローをもぎ取った。

アイヒェレは、フライバーグに勝利をもたらしたいという気持ちに疑いの余地はなかった。絵に描いたようなレッグロックでフォルテンバッハーを数分後に降参させ、ドイツトップチーム、ベブリンゲンとの決勝戦に持ち込んだ。

決勝:ジャーマントップチーム・ベーブリンゲン vs グラップル&ムーヴ・フライベルグ

これほどエキサイティングで価値のある決勝戦はないだろう。両チームともモチベーションが高く、自分の限界を超える覚悟で臨んでいた。セルビン・ラムシロビッチは、痛みに耐えかねてマットに上がり、開始早々デニス・ハール(Grapple&Move)に苦杯をなめた。ボーブリンゲンはほとんどショックを受けているように見えたが、その後、18歳のフィン・シュミッドがボーブリンゲンのためにマットに立った。

ブドケラー・ボンランデン出身のファイターは、ベンブリンゲンでセルヴィン・ラムシロヴィッチと練習し、ドイツのADCCチャンピオンに君臨しています。このことは、フィンが次の2人の対戦相手を手玉に取ったことからも明らかだろう。デニス・ハールとカン・ドガンの両選手はシュミッドに負けを認めざるを得なくなり、これでボーブリンゲンのチームがリードすることになった。

しかし、ダニエル・ファイゼンマイヤー(Grapple&Move)がシュミットからドローを奪い、シュミットを退場させ、再び流れを変えることができた。ヨハネス・リヒター(ドイツ・トップチーム・ベーブリンゲン)とルーカス・メルティグ(Grapple&Move)もドローで、ともにマットを降りることになった。これでボーブリンゲンは、チームキャプテンのアミン・アイヒェレを最後にマットに送り出すことになった。

そしてよりによって、107kg級のADCC王者でルタ・リヴル黒帯のアレックス・ブジャ(ドイツ・トップチーム・ベブリンゲン)が対戦相手だった。しかし、ここでベンリンゲンの男の "大和魂 "が発揮された。氷のように冷たく、まったく印象に残らないアミンは、その感覚をうまく利用し、ベーブリンゲンの相手をあきらめさせた。

そこで彼は、前回の試合で、負傷したダニエル・テンペラに代わってSamurai Fight Team Leipzigから急遽出場したStefan Samsonianと対戦した。そしてここでアミンは全く問題なく、ラウンドの初めに腕ひしぎですぐにサブミッションを獲得した。

この勝利で、Grapple&Moveのキャプテンは、チームの勝利を決定づけた。ピーター・アンゲラーの手から本物の刀であるトロフィーを受け取り、まだ若いチームの成功を、出席者全員で喜び合いました。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る