ハイメルディンガーとアンゲラーが2大陸のADCCで金メダルを獲得

があります。 ドイツトップチーム 今週末のADCCでは、2つの大陸で活躍した。ADCCアムステルダム・オープン(ヨーロッパ)とADCCプーケット・オープン(アジア)は、GTTの選手達にとって重要な議題であり、私達の選手達は両大会で勝利を収めることができました。両大会において、GTTは世界各国から集まった参加チームのトップ10に入り、ドイツを代表するスクールの一つであることを証明しました。

ADCCプーケット・オープン(タイ/アジア)

ペーター・アンゲラー(ドイツトップチーム ロイトリンゲン)とアルミン・サルキッチ(ドイツトップチーム ヘレンベルク)がプーケット・オープンに出場した。ピーターは-76.9kg級とアブソリュート級に出場し、両階級でオーストラリアのジェフリー・フォローズ(マットシャーク柔術)と対戦。重量級の決勝では、ピーターがグラウンドで簡単に主導権を握り、マウントとバックマウントの両方のポジションを確保し、5分0秒のリードを奪った。フォロウスは腕十字の攻防を時間切れまで繰り広げ、ポイントでアンゲラーが勝利した。

アブソリュート・クラスの決勝戦、フォロスはすぐにガードに入り、ハーフガードを固めてキムラで攻めたが、アンゲラーはこれを難なくディフェンス。アンゲラーはトーホールド/ニーバーで果敢に攻めたが、フォロスはヒールフックで対抗しようとし、マスターズではヒールフックが禁止されているため、即失格となった。したがって、2つ目の金メダルは失格によってアンゲラーにもたらされた。アンゲラーはどちらの試合でもポイントを譲っていなかった。

アルミン・サルキッチ(ドイツ・トップチーム・ヘレンベルク)は、-76kg級ビギナーズ・カテゴリーの準決勝で、同級優勝候補のヤニス・イマド=エディーン(プーケット・グラップリング・アカデミー)と対戦した。試合のほとんどの時間、両選手はテイクダウンのチャンスをうかがい、イマド=エディンはヘレンベルクの男の強力なレスリングに対処しなければならなかった。しかし、イマド=エディンはギロチンを奪い、そこからサルキックはフリーで戦わなければならなかった。ここでイマッド=エディンはマウントポジションを奪い、試合終了間際に勝負を決める2ポイントを奪った。

そして3位決定戦でアルミンはイギリス人のマックス・ウォード(210柔術)と対戦。ここで明らかになったのは、アルミンが1週間前の風邪からまだ完全に回復しておらず、前の試合のダメージが大きかったということだ。この試合もレスリングの攻防が中心だったが、ウォードは試合終了間際にスクランブルからギロチンを奪い、サルキッチに疲労困憊のギブアップを強いる。

ピーターの2つの金メダルにより、ジャーマントップチームはアカデミーランキング6位、チームランキング8位となった。GTTにとってアジア初のADCCイベントでの大成功である。

ADCCアムステルダム・オープン(オランダ/ヨーロッパ)

コーチ兼ルタ・ライヴル・ブラックベルトのセルヴィン・ラムシロヴィッチ(ドイツトップチーム ベブリンゲン)は、アナベル・ハイマーディンガー、ローマン・スタイジュク、ロレンツォ・ルッソとともに、ドイツ・トップチーム代表としてADCCに出場するため、同じ週末にアムステルダムに向かった。ロレンツォ・ルッソは第16回決勝でオランダのギャビン・ルイェンデイク(アムステルダム・グラップリング・アカデミー)にポイント負けし、残念ながらトーナメント敗退となった。ローマン・スタイジュクは同階級16度目の決勝で、オランダ人ニルス・ローダーモンド(ビクトリー・ファイト・アカデミー)を3分強でリタイアに追い込み、優勝を果たした。しかし、惜しくもラウンド16のフランス人選手テオ・カプデヴィエル(アンフィニ柔術)との一戦はサブミッションで敗れ、メダル無しでトーナメント敗退となった。

南ヨーロッパチャンピオンに君臨し、前回のヨーロッパ選手権で3位に入賞したアナベル・ハイメルディンガー(ドイツトップチーム ベブリンゲン)は当初-60kg級で対戦相手がおらず、すぐに階級を上げた。そこでアナベルは、再びその実力を見せつけた。アナベルは最初の対戦相手、ステフィ・ベッカー(Fght Club Gelsenkirchen)をわずか3分後にサブミッションで下した。これでアナベルは決勝に進出し、オランダ人ファイターのロザリン・ファン・ルーウェン(ドドーチーム)と対戦した。アナベルはこの試合でもいつものように優勢に試合を進め、早々にサブミッションで勝利を収め、表彰台で金メダルを首にかけるにふさわしい活躍を見せた。

ADCCスーパーシリーズ、来週土曜にヘレンベルクで開催

グラップラーの皆さん ADCCドイツ大会 来週の土曜日、3月16日に開催されるADCCスーパーシリーズに出場するチャンスがある。参加登録は水曜日まで可能だ。

登録 ADCCスーパーシリーズ

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る