情報 ADCC 2019

ロイトリンゲンのWittumhalleで開催されるADCC German Open Championshipsは、すでに予想を遥かに上回っています。スムーズな大会進行のため、当初は約200名の参加者を募集していましたが、すでに前回の約150名をはるかに上回る参加者が集まっていました。しかし、ドイツで最も権威のあるグラップリングトーナメントに殺到したため、250人近いエントリーが可能になったのです。信じられないほどの増加だ。

もちろん、各マットの全試合を個別に無料ライブ配信することは、事前に www.sportdeutschland.tv で手配済みでしたので、主催者はここで非常にチャレンジングです。また、このウェブサイトでは、全クラスの表彰式をライブ配信する予定です。各マットの全クラスの表彰式もこのウェブサイトからライブ配信される予定です。

簡単に説明すると、ブラケットが作成され、金曜日の正午に発表される予定です。30カ国から79チーム、ファイターが派遣されています。

先ほどは Smoothcompのイベント公式ページ を更新し、特に計量に関する情報を公開しました。すべての選手およびチームは、事前に以下の情報を入手し、理解しておく必要がある。

  1. 登録締め切り後、自分の登録を変更・削除する可能性があるため、ブラケットを作成しました。が出てきます。 変更なし より遡及的に実施された。
  2. 事前にイベント告知で述べたように、3人以下のクラスはすべて次に空いているクラスに統合されます。ADCCでメダルを獲得するためには、最低でも1勝しなければならないことを最初から保証したいのです。ごく一部の子供クラスとマスターズIIクラスだけは、残念ながらこれが不可能でした。例えば、-65.9kg級と-76.9kg級が統合されたときに、65.9kg級の選手が不利にならないように、必ず上の階級に移動させるようにしました。従って、軽い選手は元の体重制限を守らなくてもよいが、重い選手は守らなくてはならない。この場合、軽い選手は「上の階級の選手が少なくなったため繰り上げ」と表示され、すでにシステム上「OK」となっているので計量に出る必要はない。体重の重い選手は、クラス開始の15分前までに計量所に戦闘服で来ていて、所定のリミットに達していなければならない。リミットを満たさない場合は失格となる。従って、体重の軽い選手のための「ボイルオフ」や「ウェイトメイク」は、このクラスでは適用されない。
  3. また、全マットのスケジュールは金曜日の正午に発表され、大会期間中もリアルタイムで更新されます。すべての出場者は、自分のクラスの開始時にマットの近くにいて、戦う準備をしていなければならず、コールがあったら必ず出席しなければならない。3回のコールを受けても出場者がマットに現れない場合は、対戦相手が失格となり勝者となる。タイトなスケジュールのため、試合の延期や待機時間の延長はできません。選手、参加者全員のためにご理解をお願いします。
  4. 短期間の病気や怪我、その他の理由による不参加は考慮されず、07年1月まで弊社が認めていた参加費の返金期限は過ぎました。特別な場合には、次回のADCCドイツオープン選手権のエントリーフィーを以下の通り返金させていただきます。 25.07.2020 がクレジットされます。本イベント終了後にお問い合わせください。
  5. 競技エリアとマットに入ることができるのは、役員、医療関係者、競技者のみです。コーチ、トレーナー、競技者のチームメンバーはエリア内に入ることができない。違反した場合、そのチームの競技者は失格となる。

参加者、チームの皆様が楽しく良い旅ができるようお祈りするとともに、土曜日の試合を楽しみにしています。OSU!

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る