エピソード4以前のバトルと統計

の第3話。 前田サブミッショニズム・インビテーショナル ドイツトップチーム は、先週の金曜日にトレンドとなるような戦いを見せてくれました。第4話の放送を前に、これまでの参戦選手の状況を簡単に紹介し、第4話で出会う選手もお伝えしたいと思います。そして:興奮冷めやらぬ!

PS: 残念ながら、現在Brave FCのSven Fortenbacherと一緒にストックホルムにいるので、エピソード4のティーザーをまだ作成できていませんが、戻ったらすぐに取りかかりたいと思っています。

マイケル・ハウパート:0勝3敗(アルプスBJJ)

マイケルは、今大会、本当に楽な戦いをしていない。アミン、ディエゴ、ダニエル・テンペラと3人の強豪を相手に、一向に調子が上がらない。3連敗の後、トーナメント4回戦ではコーチであるダニエル・ブラウケルと戦わなければならない。 ブラウケルは前回の試合で怪我をしてしまったが、10kgほど体重があり、この課題は簡単ではないだろう。

ダニエル・ブラウクル:2勝1敗(アルプスBJJ)

ダニエルは2連勝と好調な滑り出しでしたが、3戦目のセルビン・ラムシロビッチ戦であっけなく敗れ、さらに足首の負傷もあり、トーナメント出場を断念せざるを得ませんでした。しかし、ダニエルはトーナメントに残り、戦術的に賢く戦い、負傷した足を休ませれば、マイケルとの対戦は実現可能な課題である。彼がトーナメントに残ることができるのか、それとも代替トーナメントで優勝したレネ・ゼラーが彼の代わりに戦うことになるのか、注目されるところである。

ダニエル・テンペラ:2勝1敗(ドイツ・トップチームHQ)

マイケルとのマットバトルで見事優勝候補に返り咲いた "スパニアード"。しかし、彼とセルヴィンは4回戦で対戦することになり、この試合は両者にとってトーナメントで最も重要な出会いの一つとなりそうだ。しかし、ダニエルは前回の決闘で自信と力をつけており、セルビンに全てをぶつけるだろう。

セルビン・ラムシロビッチ:3勝0敗(ドイツ・トップチーム本部)

セルヴィンは3戦無敗で、非常に短い試合時間だったが、このトーナメントでは決して失敗しないことを証明してみせた。彼の唯一の目標は相手を降伏させることであり、これまで完璧なまでにそれを見せてきた。試合が始まるとすぐに終わってしまう。ダニエル戦でもそのような素早い勝利を収めることができるのか?金曜日はセルビンが今のペースで試合を続けられるかどうかが見ものだ。

ディエゴ・フィゲイレード:1-2(ドイツ・トップチームHQ)

BJJ2段の保持者は、この参加者のフィールドでダウンすることなく手一杯だ。しかし、ダニエル・テンペラ、アミンと、敗れた相手にも非常に強い茶帯がいた。しかし、体重が8kgしかないマーカスを相手に、ようやく体力的についていける、倒せる相手が出てきたのだ。

マルクス・ヘルド:1-2(ドイツ・トップチーム本部)

マーカスもこれまで苦汁をなめてきた。今大会の参加選手はどのデュエルでも強敵ぞろいで、ディエゴ戦も簡単ではないことは間違いない。しかし、マーカスはすでに数々の大会で型破りなスタイルで驚きを与えてきており、前回のスヴェン戦ではサブミッションのスキルも披露している。今回の対戦も非常に気になるところだ。

アミン・アイシェール:3-0(F-KASネッカーヴァイヒンゲン)

アミンが今大会で一番のサプライズとなった。素晴らしい技のレパートリーと信じられないほどの精神力で、アミンは全ての試合で絶好調で、セルビンの他には今のところトーナメントで無敗の唯一のファイターである。このような調子と集中力で、次の対戦相手スベンを心待ちにしている。

スヴェン・フォーテンバッハ:0-3(ドイツ・トップチームHQ)

MMAのスペシャリストであるスヴェンは、このトップクラスの参加者の中で本当に大変な存在です。マイケルと同じように、彼はこれまでトーナメントで失敗しており、次の対戦相手は無敗のアミンだ。しかし、彼もまたサラブレッド・ファイターであり、もし倒れることがあれば、それは旗を掲げてのことだろう。誰も予想していないこの試合で、スベンがサプライズを繰り出すことができるのか、注目だ。

数字で見る中間貸借対照表

セルビン・ラムシロビッチ:3勝0敗
アミン・アイシェール:3勝0敗
ダニエル・ブラウクル:2勝1敗
ダニエル・テンペラ:2勝1敗
ディエゴ・フィゲイレード:1勝2敗
マーカス・ヘルド:1勝2敗
マイケル・ハウパート:0勝3敗
スヴェン・フォーテンバッハ:0勝3敗

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る