ADCCドイツ大会でサンドバッグ?いいえ!

サンドバッグがスポーツを妨げる

あらゆるスポーツは、公正な競技が保証されることによって成り立ち、また成り立たなくなる。この大会の役員は、試合中のルールやレギュレーションを遵守し、フルコンタクトの格闘技における選手の安全を守る立場にあるが、試合前、試合中、試合後の行動でスポーツマンシップを定義するのは、何よりも主人公たち自身である。スポーツマインドを持つすべての人が、ともにフェアプレーを保証してこそ、真のスポーツ競技と言えるのである。 ADCCドイツ大会 こうしたスポーツの基本的な考え方を一貫して実践することで、アスリートにとって最高レベルの安全性を確保しているのである。

ADCCドイツ大会ではサンドバッグは禁物

演技クラスを分け、それぞれの該当する部門に選手を登録することは、公平でスポーツ的な競技のために不可欠である。20年以上前の「ワイルド・ウェスト時代」のように、競技機会の不足と単純なパフォーマンス・クラスの不在のために、初心者でさえブラックベルトやトップ・パフォーマーと一緒にルーキーとして燃え尽きていた時代は終わった。

特にパフォーマンスクラス「ビギナー」は、柔道、レスリング、サンボ、BJJ、ルタ・リーブル、または類似の格闘技の経験が2年以下の選手のみが参加できる。このことは大会告知に明記されている。国内外で活躍するトップアスリートは、このクラスには出場できない。そのような経験豊富で成功したアスリートとしてこのクラスに出場する者は、簡単に言えば、スポーツマンシップに反する行為であり、明らかに劣っているライバルを負傷させる危険性がある。このような行為は、現場ではサンドバッグ行為と呼ばれ、スポーツマンシップの重大な違反である。

ドイツのレスリング・チャンピオンは初心者?いいえ!

現在、ドイツのレスリング王者でブンデスリーガ1部のファイターが、今度のADCCドイツ国内選手権のビギナーにエントリーしているという事件が起きている。事情に詳しい関係者の間で話題となり、私たちにも報告があった。さっそく調べてみると、問題の選手は4年前にすでにレスリングのドイツチャンピオンになっており、ビギナークラスで認められているよりもかなり長く活躍していることになる。この選手がなぜこのクラスに登録したのか、私たちの知るところではない。ただ、はっきりしているのは、彼はどんなことがあってもこのクラスには出場しないということだ。

今、可能な選択肢は何ですか?まず第一に、選手には締切日まで中級またはプロフェッショナルに演技クラスを変更する可能性がある。より高いクラスでのスタートを妨げるものは何もない。しかし、この措置は、故意のスポーツマンシップに反する行為の疑いを取り除くために、当該選手が取らなければならない。もしそうせず、選手が故意にこのクラスでのスタートを望んだ場合、役員は計量でその選手を失格にするしかなく、その結果、影響を受けるクラスの参加者を守ることができる。

すべての選手およびチームに対し、登録の際にエントリーしているパフォーマンス・クラスに注意を払うよう緊急に呼びかけます。この点に関する不正行為や意図的なスポーツマンシップに反する行為は、ADCCドイツ大会では容認されませんし、認められません。失格は、そのような行為や我々の大会におけるスポーツマンシップを損なおうとする行為に対する唯一の論理的な結果である。

参加登録はまだ4日間受け付けており、すでに昨年を上回る参加者が集まっています。皆さんと一緒に素晴らしいスポーツ大会ができることを楽しみにしています!

登録 ADCCドイツ国内大会 2023

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る