横山真吾、ギリシャでのインターコンチネンタル・タイトルマッチに勝利

横山

昨日土曜日、ロイトリンゲンのスヴェン・フォーテンバッハーは、ヴォロス(ギリシャ)で現役の世界チャンピオンと対戦し、以下のような結果を残しました。 士道館トライアスロン 横山真吾(日本)。2018年世界チャンピオン(スヴェン・フォーテンバッハ)と2019年世界チャンピオン(横山真吾)が直接対決する、待望の一戦。

横山選手は試合前、これがプロとして最後の大会になることを発表しました。今年から日本で政治活動をしている37歳は、今年末に3人目の父親となる予定です。プロ格闘家としての再出発が不可能な状況。そのため、士道館トライアスロンのインターコンチネンタル・タイトル戦は、ドイツ人との別れの試合となった。

横山 vs. フォーテンバッハ

横山はいつものように非常にアグレッシブに試合を始めたが、すぐにフォルテンバッハーのかなりの抵抗を受け、1ラウンドで日本のパレード種目である空手に意外なほど早く活路を見出すことになった。しばらくすると、横山に大きなプレッシャーをかけ、1ラウンドの大半をフルコンタクト空手で有利に進めたのはドイツの選手だった。このラウンドはジャッジの判定でドローとなり、試合は次の段階へ。

2ラウンド目のキックボクシングでは、横山が再びヒートアップ。しかし、フォルテンバッハは常に巧みにペースを守り、いくつかの攻撃で日本にとって危険な存在となった。横山は、3ラウンド(グラップリング)にもつれ込んだら、おそらくフォーテンバッハに負けるだろうと考えていた。体力を総動員し、激しい攻撃で殺人的なスピードで進んでいく。2ラウンド終了後、ジャッジは意外にも日本人に軍配を上げ、3ラウンドは行われず、横山が勝者となった。

この判定がいかに惜しいものであったかは、試合後にマットに入った添野グランドマスター(日本)が、両選手の手を挙げて見せた仕草が物語っていた。横山真吾選手は、チャンピオンベルトと大きなトロフィーを受け取り、この勝利で、フルコンタクト空手、キックボクシング(K-1 World Max Japan ファイナリスト)、士道館トライアスロンと、約20年にわたる前人未到のキャリアに終止符を打ったのです。

一方、スヴェン・フォーテンバッハーは、あと一歩のところで苦杯をなめたが、2018年の世界タイトルが「まぐれ」ではなかったことを、すべての疑心暗鬼を納得させることに成功した。の29歳のプロ格闘家。 ドイツトップチーム本部 ロイトリンゲンは、現在、間違いなく世界のトップレベルにあり、日本のスーパースターとの伝説的な戦いで、まさに国際的にその名を知らしめることができた。

ロイトリンゲン出身の彼にとって、次は10月に日本で開催される全日本学生選手権であり、この大会ではすでに優勝候補の一人とみなされている。今後の彼の活躍を祈りつつ、近い将来のフォーテンバッハーのファイトに期待しましょう。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る