シュート・アカデミー・オブ・ザ・イヤー:サムライ・ファイトチーム・ライプツィヒ

ドイツではライプツィヒが有利

ライプツィヒのサムライ・ファイト・チームが、2023年ドイツで最も成功したシュート道場となった。 今年のシュート・ドイツで、ヘッドコーチのグリゴリ・ウィニツキ率いるファイターズほど成功したジムは他にない。2023年にヨーロッパ選手権で2度、2022年と2023年にドイツ選手権で1度タイトルを獲得し、さらに年間を通して数々のメダルを獲得している。

戦闘的なロールモデルとしてのグリゴリ・ウィニツキー

それもそのはず、ライプツィヒ・チームのヘッドコーチであるグリゴリ自身、フルコンタクト空手やキックボクシングの欧州チャンピオンや世界チャンピオンであり、シュート、BJJ、グラップリング、フルコンタクト空手では10年以上にわたって世界の表彰台に上っている。グリゴリはまた、昨日 "シューター・オブ・ザ・イヤー "として表彰されたビョルン・ヘルマンに見られるように、このファイティング・スピリットをチームのメンバーにも伝えている。

ハマーズ・チームと県南アカデミーが場所入り

ニュルンベルク・ハマーズ・チームは、2位のサムライ・ファイト・チームに続き、今年はヨーロッパ選手権で2つのタイトルを獲得し、輝きを放った。ニュルンベルク・チームは他にも数多くの大会で優勝しており、ドイツにおけるシュート界のトップ・アドレスである。ヴュルツブルクのケナン・アカデミーは、さらに2つのヨーロッパ選手権タイトルを獲得し、このランキングで2位となった。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る