Shooto Germany: この選手たちが昇格しました。

Shooto Germany

Shooto Germanyで次のパフォーマンスクラスに昇格するのは誰ですか?

2022年シーズンが終了し ランキング から Shooto Germany が作成されました。すべてのドイツチャンピオンが決定し、一段落したところで、次のパフォーマンスクラスに進むのはどの選手なのかが問われた。

Cクラスへのプロモション

以下の選手は、来る2023年にDクラスでの出場ができなくなり、Cクラスでの出場が義務付けられることになりました。

  1. ビョルン・ハーマン(Samurai Fight Team Leipzig)
  2. SIT Vale Tudo PforzheimのMert Örcun氏。
  3. エネス・ムハメッド・エルゲン、バンベック・パーチ・ファイトスクール
  4. ヒュセイン・ヤヴズ(アトラスジム・ハイルブロン
  5. ハネス・ヒルデブラント(Gorilla Grappling Würzburg所属
  6. アルファ・ジャロー(Hammers Team Nuremberg

重要なお知らせアマチュアMMAの選手は、どのアマチュアクラス(DクラスまたはCクラス)でシュートボクシングを始めるかを選択することができます。ただし、Cクラスで優勝すると、Dクラスには出場できなくなるので注意が必要です。その場合、1つはCクラスに留まらなければなりません。すでにアマチュア(DまたはCクラス)5試合を記録している選手も同様です。新人のみが参加できるDクラスへの出場は認められなくなった。

Bクラスへの昇格

今回、アマチュアでの活躍でセミプロB級にジャンプアップしたのは以下の選手たちです。

  1. ティロ・クラマー(ケナンアカデミー・ヴュルツブルク校
  2. ファビアン・フェルストル(Hammers Team Nuremberg
  3. ケナンアカデミー・ヴュルツブルク校 マシュー・メイズさん
  4. Konstantin Kusminych(IRBISフリーファイトクラブe.V.
  5. ヨアヒム・シェーンベルガー(カンプガイスト・ジム

重要なお知らせです。 ドイツのMMA選手は、アマチュアの試合がない、あるいは数試合しかない場合でも、自由にShooto GermanyのBクラスに出場することができます。Bクラスの試合に勝利した者は、今後、ドイツ国内においてShootoのアマチュアクラスで試合をすることができないという「ビクトリールール」がここでも適用される。

2023年シーズンもシュート・ドイツでは、ルーキーズイベント(Dクラス)5回、コンテンダーイベント(C・Bクラス)3回、シュートキングス(A・B・C・Dクラス、ドイツ選手権あり)1回の計5回を開催する予定です。今シーズンの全イベントの概要と登録方法については、アスリートとチームのためのFAQをご覧ください。Smoothcompに関する連盟のプラットフォーム.

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る