Shooto Japan: Markus Held vs. ...

組織のトップに立つということは、決して簡単なことではありません。トップである以上、自分自身を主張し、証明しなければならない。それを見事に実践しているのが、ドイツ・ロイトリンゲンにあるジャーマントップチーム本部に所属する、ドイツのShootoの現役フェザー級チャンピオン、マルクス・ヘルドだ。

昨年12月、当時の王者トビアス・チアゴ・フーバーからサブミッションでタイトルを獲得した後、祝っている暇はなかった。そのわずか24時間後に日本からオファーがあり、わずか4週間後に日本で現役の世界チャンピオンである斎藤裕と対戦することになったのです。マーカスはこのオファーを受け、日本へ渡り、世界チャンピオンと対戦したが、2ラウンドでTKO負けを喫した。

このような敗北の後、マーカスが "スローギア "に入ると思った人は大間違いだった。11月に再び日本のShootoで戦うことが明らかになったとき、彼はすぐに対戦相手を希望した。 カオル・ウノ!

リクエスト通り、実現しました。11月24日、東京の後楽園ホールでマーカスはシュートボクシングのレジェンド、宇野薫と戦うことになった。宇野は絶対的な世界的スターであり、プロとして60試合近くを戦い、経験という点ではマーカスよりはるかに上である。宇野が対戦したことのないビッグネームやレーベルはないだろう。

若いロイトリンガーにとって信じられないような挑戦ですが、彼はこれから数ヶ月間、チームと一緒にこの試合に向けて集中的に準備することになります。ロイトリンガー選手の活躍にご期待ください。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る