SHOOTO KINGS IX: Sengoku - トップファイターがサインアップ

シュートス キングス

2022年12月10日に開催されるSHOOTO KINGS IX:Sengokuが勢いを増しています。この48時間で、マッチメーカーのピーター・アンゲラーは、ベルギー、フランス、グルジアから、このトップイベントのために有望なファイターを選びました。 Shooto Germany が勝てる。今のところ、士道館世界チャンピオンとシュートキングのベテラン3人がすでに対戦カードに名を連ねており、戦力は充実してきている。

メインイベントには無敗のグルジア人ニカ・クプラヴィシヴィリが登場

ニカ・クプラヴィシヴィリ

士道館の世界チャンピオン、スヴェン・"フージン"・フォルテンバッハーさん。 ドイツトップチーム本部 は、この夜のメインイベントで、より価値のある相手と対戦することになります。ニカ・クプラヴィシヴィリはアマチュアとプロのMMAで無敗を誇り、国際的な経験も豊富だ。ロイトリンゲン出身の男には手強い相手だが、スヴェンはこれまで2度、Shooto Kingsに出場しているが、期待を裏切ったことはない。ウクライナの士道館キックボクシング世界チャンピオン、アナトリー・イナトや、経験豊富で人気の高いイタリアのエマヌエーレ・ザルドを破り、安定した勝利を収めたのである。

クプラビシビリは、ロイトリンゲンのジャーマントップチームに所属するシュートーのスター選手の次の評価基準であり、この試合に勝てば、スヴェンは日本への航空券を手に入れ、日本でより大きなチャレンジに臨むことができるだろう。スヴェンのファンは、この重要な試合でこのクラスの相手と戦うために、チケットを確保して応援する必要がある。

士道館トライアスロン世界大会優勝の永田裕理が登場

ベルギー出身のKOスペシャリスト、永田裕理は、通常1ラウンドで試合を終わらせ、KO勝ちを収めている。彼のフライング・ニーは、相手の勝利の夢を突然に、そして素早く終わらせる。全日本オープンの優勝者であり、士道館トライアスロン世界選手権2019の優勝者(クウェート)は、夏にドイツのトップチームのトップファイターとともに集中的に準備し、今までのMMAでの唯一のポイント負けを取り戻したいと考えています。

勝利が必要で、Parabellum Combat Clubの強力なフランス人選手と対戦する可能性が高いです。ユリの出場に関する詳細は数日後に発表されるが、好感の持てる連続ノックオーターが我々のファイトカードに登場することは非常に喜ばしいことである。

世界3位のグリゴリ・ウィニツキーがグルジアの相手と対戦

Samurai Fight Team Leipzigのグリゴリ・ヴィニツキは、士道館空手と士道館キックボクシングの欧州チャンピオンと世界チャンピオンに何度も輝いた、真のファイターとサムライの典型です。また、夏のHELL WEEKではドイツのトップチームの一員として参加し、年末に控えた強化試合に臨みました。

今回のSHOOTO KINGS IX: Sengokuでは、グルジア出身のMMAプロ、ニカ・ブレグバゼがその任に当たる。グリゴリはいつものようにオクタゴンの中で絶好調で、"サムライ・スピリット "をファンに披露してくれるだろう。

KOパワーを持つヘビー級バンカー

2人のヘビー級ノックアウトマシーンが、予選プログラムの雰囲気を盛り上げるために登場した。ジャーマントップチームの "サンドマン "エルハン・ギュネスと、アトラスジム・ハイルブロンの巨人ユリウス・ゲベレだ。

両者の試合は退屈することがないため、多くのファンを持っている。そして、両者ともワンパンチで試合を終わらせるだけのKOパワーがあることはすでに証明されているので、瞬きをしてはいけない。この試合では、ほぼ間違いなく時間切れになることはなく、観客は2人のグレードA KOスラッガーの決闘に期待することができるだろう。

があります。 前売券の販売 がオンラインで公開されました。ヘレンベルクの美しいジム24ライフスタイルが、このイベントの素晴らしい背景となります。オクタゴンの周りには4列の席しかなく、オクタゴンから最大で6~7メートルの距離に座ります。そのため、すぐ近くにあり、ギャラリーからの立ち見席でも試合の様子がよく見えるので、細部まで見逃すことはありません。

SHOOTO KINGS IX:戦国

場所:ジム24ライフスタイル(ヘレンベルク、ダイムラー通り13番地
日時:2022年12月10日(土)
時間:20時(入場は19時30分より)

メインイベント

A級シュート(3×5分)男子-70,3kg:スヴェン・"フジン"・フォーテンバッハ(ジャーマントップチームHQ) vs ニカ・クプラビシビリ(ミックスファイト・グルジア)

コ・メインイベント

A級シュート(3×5分)女子 -57,2kg:タニヤ・アンゲラー(Total Combat Thannberg) vs tba

注目の試合

A級シュート(3×5分)男子-77,1kg:グリゴリ・ウィニツキ(Samurai Fight Team) vs ニカ・ブレグバゼ(Mix Fight Georgia)

B級シュート(2×5分)男子-120,0kg:エルハン・ギュネス(ジャーマントップチームHQ) vs ユリウス・ゲベレ(アトラスジム・ハイルブロン)

B級シュート(2×5分)男子 -65,8kg級:永田裕理(獅童MMAブリュッセル) vs tba

B級シュート(2×5分)男子-70,3kg:TBA vs TBA

アンダーカード

すべて ファイナルファイト ドイツ・アマチュア・シュート選手権大会のD・C級成年クラスで

+++チケット

オクタゴン席(1列目):69,90ユーロ
オクタゴンの2列目の席: 59,90 Euro
オクタゴンの3列目の席: 49,90 Euro
オクタゴンの4列目シート: 39,90 Euro
ギャラリーでの立見券:19,90ユーロ

注目! チケットはすべてe-ticketで、2022.12.10にイベント会場入口で直接受け取りが可能です。お支払いがない場合は、チケットの送付や取り置きはいたしません。チケットは13時からのドイツ松濤選手権のプレファイトにも有効で、12時30分から会場に入ることができます。19時以降は、チケットを持ってイブニングガラに入場するか、19時以降に入口でチケットを受け取ることができます。

午後2時から6時まではボックスオフィスがあるだけで、そこではまだわずかな数のチケットが手に入るかもしれません。なので、ぜひ前売り券の販売を利用して、確実にチケットを手に入れましょう。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る