アップデートジャパン2019

残念ながら、今年のジャーマントップチームの日本遠征は、事前に2つの予期せぬ変更を経験することになりました。まず、アミン・アイシェール選手が先週のスパーリングで大怪我をし、眼窩多発骨折を負ってしまいました。今週中に手術を行う予定ですが、当然ながら予定されていた小田原と東京の2試合は欠場することになります。わずかな慰めとして、それでもチームに同行し、現地でコーチとしてチームのファイターたちをサポートしてくれる。チームにとっては、経験豊富なファイターとコーチの経験とノウハウが生かされることになり、計り知れない助けとなる。私たちは、アミンがこれから手術を受けることを祈るとともに、一日も早く完全に回復することを願っています。彼がすぐにファイターとしてリングに戻ってくることを確信しています。

第二弾は、10月6日に東京で開催される全日本士道館選手権大会でのペーター・アンゲラーヘッドコーチのグラップリングスーパーファイトについてです。昨日、この試合のルールが決定した。体重制限、時間制限のない、サブミッションオンリーのルールで行われます。しかし、石川賢太郎選手の体重が従来の90kgではなく、本人の情報では現在100kgという「小さな」サプライズ付きです。現在82kgのアンゲラーにとって、これは大きな変化である。このような試合で18kgもの体重を投げ出すのは、相当なことである。それでも51歳の彼は、現在執筆中の著書『My Way Back』の最終章となる今回の試合に自信を持って臨んでいる。

本書では、人工股関節の手術と重度の心臓発作を経て、今年から国際レベルの現役競技に復帰したアンゲラーが、その「試練」の様子をレポートしています。このプロジェクトに少額の寄付をしたい友人やファンは、以下のサイトから迅速かつ安全に寄付することができます。 GoFundMeページ このためにこのプロジェクトに対する寄付は、どんなものでも大歓迎です

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る